前へ 1 2 3 次へ

Apex LegendsがWQHDで200fps超え!? RTX 3070 Ti搭載「PG-PFT」の実力を検証

文●高橋佑司 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月初旬に開催されたCOMPUTEX 2021でNVIDIAは、新GPU「GeForce RTX 3080 Ti」「GeForce RTX 3070 Ti」を発表。6月中旬にはこれらのGPUを搭載したビデオカードが市場に並んだ。

 これにより、Ampereアーキテクチャーを採用したデスクトップPC向けのGeForce RTX 30シリーズでは、GeForce RTX 3060~3080までの3つにTi付きモデルが登場し、ミドル~フラッグシップ級までのラインアップが拡充された形だ。

 BTO PCメーカー各社からも、RTX 3080 TiやRTX 3070 Tiを搭載したモデルが発売しており、STORMでもRTX 3070 Tiを搭載した「PG-PFT」を販売している。それ以前に発売しているRTX 3070はWQHD(2560×1440ドット)、RTX 3080は4K(3840×2160ドット)ゲーミング向けの次世代GPUとして登場したが、その中間になるRTX 3070 Tiを搭載したゲーミングPCの実力はどれほどのものなのか。今回、PG-PFTをお借りして、パフォーマンスを検証してみた。

PG-PFTの主な構成
CPU Intel「Core i7-11700」
(8コア/16スレッド、2.5~4.9GHz)
PCケース METALLIC GEAR「NEO AIR」
ビデオカード GeForce RTX 3070 Ti
マザーボード MSI「MAG B560M BAZOOKA」
(B560、Micro-ATX)
メモリー DDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ NVMe SSD 1TB(PCI-Express 3.0接続)
電源ユニット 1000W 80PLUS GOLD電源
OS Microsoft「Windows 10 Home(64ビット)」
サイズ 200(W)×450(D)×460(H)mm
価格 24万5800円

メッシュフロントパネルから透ける
RGBファンがイカス

 まずは外観から見ていく。PCケースには、METALLIC GEARのミドルタワーケース「NEO AIR」を採用している。フロントパネルをメッシュにした通気性重視のデザインで、120mm角のRGBファン2基が透けて見える様子が洒落た印象を受ける。なお、ケースの色は黒だけでなく、白も選択可能だ。

天面のインターフェースは、USB 3.0が2基とオーディオ端子、LEDの制御ボタン、リセットボタンがある

背面の様子

 サイドパネルはガラス製。内部はシンプルなつくりで裏配線が可能になっており、電源ユニットやドライブベイなどは裏側に設置できる。パーツの交換や増設をする際にも苦労する部分は少ないだろう。

内部のスペースは余裕があり、大きめのビデオカードや簡易水冷ユニットなども搭載可能

メモリーにはCrucial製品を採用している

 広々としたスペースがあり、長さ400mmまでのビデオカードを搭載できる。昨今、高機能な最新GPUを搭載したビデオカードは大型化が進んでいるので、奥行きが広く取られているのはありがたい。

 ただ、今回搭載しているRTX 3070 Tiのようなアッパーミドルクラス以上のモデルになってくると、カードの長さと重さでPCI Expressスロットに負荷がかかってきそうなので、ステーのような支えを用意したほうが安心かもしれない。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
02月
03月
04月
06月
08月
09月
2020年
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
09月
10月
2016年
01月
03月
05月
2010年
05月
2008年
11月