このページの本文へ

Thunderboltも4×2に変わり、ちょっと軽くなった!?

Razerが8コアTiger LakeーHの「Blade 15」を発表 = i9-11900HにRTX 3080+16GBVRAMも!

2021年05月12日 01時00分更新

文● みやのプロ(@E_Minazou) 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷



 Razerの米国本社は、5月11日に発表会をおこない、フラッグシップモデルの「Razer Blade 15 Advanced Edition」新機種として、インテルが同日発表した第11世代8コアCPU搭載モデルを発表した。米国での出荷は6月21日で、価格は約2300ドル~3400ドルとなっている。

基本デザインは現行Blade 15と変わらないが、1.2ミリ薄く、100グラム軽くなった

Razer Blade 15 Advanced Edition
最上位はi9-11900HにRTX 3080+16GBVRAM
Thunderboltも4にUPで×2に!
 

ディスプレーは変わらず3タイプ

 新モデルは4Kディスプレーモデルがハイエンドのi9-11900HにRTX 3080 + 16GBVRAMを搭載する。それ以外の5モデルのCPUはすべてi7-11800Hで、メインメモリー、SSDの容量と、ディスプレーの種類、GPUが異なる6バリエーションである。

〇15.6インチFHD 360Hz(100%SRGB+2ms) は2モデル。

Core i7-11800H 8Cores (2.3GHz / 4.2GHz)
メモリー16GB(DDR4 3200MHz dual -channel)
SSD1TB(PCIe Gen4 M.2)(2 NVMe 1-sided drive)
GeForce RTX 3070 (8GB DDR6 VRAM)
で約2700ドル。

メモリー32GB(DDR4 3200MHz dual -channel)
SSD1TB(PCIe Gen4 M.2)(2 NVMe 1-sided drive)
GeForce RTX 3080 (8GB DDR6 VRAM)
で約3100ドル。

〇15.6インチQHD 240Hz(100%DCI-P3+G-Sync+2.5ms) は3モデル

メモリー16GB(DDR4 3200MHz dual -channel)
SSD1TB(PCIe Gen4 M.2)(1 NVMe 2-sided drive)
GeForce RTX 3060 (6GB DDR6 VRAM)
で約2300ドル。

その上は、同スペックでSSDの構成とGPUがちがう
メモリー16GB(DDR4 3200MHz dual -channel)
SSD1TB(PCIe Gen4 M.2)(2 NVMe 1-sided drive)
GeForce RTX 3070 (8GB DDR6 VRAM)
で約2600ドル

上位はメモリーが増え、GPUも上がる
メモリー32GB(DDR4 3200MHz dual -channel)
SSD1TB(PCIe Gen4 M.2)(2 NVMe 1-sided drive)
GeForce RTX 3080 (8GB DDR6 VRAM)
が約3000ドル


〇15.6インチOLED UHD(100%DCI-P3、1ms、HDR、Touch、Glossy)
は1モデルで、

Core i9-11800H (2.3GHz / 4.9GHz)
メモリー32GB(DDR4 3200MHz dual -channel)
SSD1TB(PCIe Gen4 M.2)(2 NVMe 1-sided drive)
GeForce RTX 3080 (16GB DDR6 VRAM)
お値段は3400ドル。

冷却もおなじみのベイパーチャンバーである

 インターフェイスは外見上は現行モデルと変わらないが、2つのUSBタイプC端子が両方ともにThunderboldの「4」となり、USB3.2Gen2でPD3.0での20V充電も両方で可能。専用の充電端子も残っている。

 タイプAはUSB3.2Gen2で3端子搭載と変わらず。HDMI出力は2.1で、SDカードスロットはUHS-Ⅲ、そしてオーディオコンボジャックも同じ、無線もWi-Fi6E(AX210)にBluetooth5.2と同じだ。

 キーボードはおなじみの1キー単位でバックライトをフルカラー指定できるRazer Chromaで、キーボードの両サイドにはスピーカーが設置されており、THX Spatial Audio対応で、HDMIからは7.1chのコーデックをサポートしている。

キーボードも変わらず、両サイドにスピーカーが設置されている

 ディスプレイ上部のWindows Hello対応のWebカメラは720Pから1080Pにアップグレードしている。

 本体サイズは幅が355ミリ、奥行きが235ミリ、厚みは16.99ミリで変わらず、RTX3060モデルのみ厚みが15.8ミリと薄くなっている。バッテリーは変わらず80Whを内蔵するが、重量は1.99~2.01キロと100グラムほど軽くなっている。

 ボディのペイントが新しくなり、指紋がつきにくくなったそうで、頻繁にフキフキしなくてよくなったのはありがたい。日本での発売はまだ先だが、Tiger Lake 8コアが待ち遠しいのである。

塗装の変更がどうなのか、早く触ってみたいですね

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン