• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

イタリア戦艦技術ツリーの本実装なども

PC向け『World of Warships』最新アップデートを実施!ドイツ駆逐艦のアーリーアクセスが始動

2021年04月15日 18時05分更新

文● Zenon/ASCII

 ウォーゲーミングジャパンは4月15日、PC向け『World of Warships』にて多数のコンテンツを含む最新アップデートを実施したと発表。

 本アップデート0.10.3では、イタリア戦艦技術ツリーの本実装やドイツ駆逐艦のアーリーアクセス、ハンブルク造船所の再始動のほか、UIの改善など多数の要素が含まれるという。

紹介動画

以下、リリースより。

イタリア戦艦とドイツ駆逐艦

 今回のアップデートでは、新しいドイツ駆逐艦が登場します。プレイヤーの皆さんはアーリーアクセスとしてこの新艦艇を試してみることができますが、今回使用可能になるのはその内Tier VII「Z-31」、Tier VIII「Gustav Julius Maerker」、Tier IX「F. Schultz」の3艦で、Tier X艦については今後のアップデートで公開されます。

 これらの駆逐艦は強力なAP弾を搭載した正確な主砲と高火力の長距離魚雷を持ち、さらには駆逐艦とは思えないほど優れた耐久性を備え、まさに巡洋艦と見紛うほどの実力を見せます。

 加えてアーリーアクセス期間中だったイタリア戦艦は今回ついに本格実装となり、すべてのプレイヤーが研究できるようになりました。

ハンブルク造船所が再始動!

 ハンブルグ造船所が再稼働を始めました。今回ここで建造が開始されるのは、新しいTier IXドイツ駆逐艦「ZF-6」です。この艦の建造プロセスは全体で22のフェーズに分かれており、最初の4つのフェーズでは実際の建造よりも設計に重点が置かれています。

 すべてのフェーズを完了させることができると、最終的に「戦時迷彩」付きの「ZF-6」に加え、スキルポイント10の艦長、港スロット、記念旗を入手することが可能です。

 「ZF-6」およびそのほかのドイツ駆逐艦、ハンブルク造船所の詳細については、公式サイトをご覧ください。

 

【ゲーム情報】

タイトル:World of Warships
ジャンル:マルチプレイオンライン海戦アクション
配信:ウォーゲーミング
プラットフォーム:PC
配信日:配信中(2015年9月17日)
価格:基本プレイ無料(一部有料アイテムあり)

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう