このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ハーマンインターナショナル新製品発表会

JBL75周年スピーカーやノイキャン完全ワイヤレスの参考出品も、一同に揃ったHarman製品を見てきた

2021年04月15日 12時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

JBLらしいホーンの組み合わせた「HDI Series」スピーカー

 初夏の発売をうたう新スピーカー「HDI Series」は、独自開発のHDI(High Definition Imaging)ホーン技術と、新開発コンプレッションドライバーを採用した製品。スピーカーユニットギリギリに合わせた細身のラウンドフォルムとなっており、フロア型の「HDI-3800」(価格27.5万円/本)、「HDI-3600」(価格19.8万円/本)、ブックシェルフ型の「HDI-1600」(価格11万円/本)の3モデルがある。

HDI Series

 中域~高域を担当するコンプレッションドライバー「2410H-2」は「4367」や「4349」が搭載するD2ドライバーの直系で、ネオジウムリングマグネットとTeonex製のリングダイヤフラムを組み合わせている。これにホーン(HDI-Xウェーブガイド)を取り付け、JBLらしい鮮明で前に出る中高域を表現している。

ホーンが存在感を示す

コンプレッションドライバー

ウーファーの断面図

 低音域用のユニットは軽量高剛性アルミ・マトリックスコーンを使用。HDI-3800は200mm(JW200AL-12)、HDI-3600は165mm(JW165AL-12)を3基使用。上部の1基は低域だけでなく中域の一部を担当する、2.5ウェイ構成となる。HDI-1600は165mm(JW165AL-4)を使用した2ウェイ構成だ。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン