このページの本文へ

業界人の《ことば》から 第430回

富士通PC事業、新社長はレノボから……日本のPCは変わる?

2021年04月08日 09時00分更新

文● 大河原克行 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

結果、レノボから社長が立った

 FCCLの次期社長人事には、大きく4つの候補が考えられた。

 FCCL社内からの昇格、富士通からの就任、レノボからの就任、そして、外部からの就任だ。大隈社長の場合は、レノボからの就任ということになる。

 レノボのPCビジネスを熟知し、本社部門ともパイプが太い大隈社長であれば、FCCLからの声が届きやすくなるというメリットがある一方で、レノボ色が強まり、これまで、製品開発や生産、販売、サポートなどで独立性を保ってきたFCCLの経営にも影響が出る可能性がある。

 だが、記者会見では、そうした懸念を払拭する発言が相次いだ。

 大隈社長は、「FCCLが、日本でビジネスを行い、世界に広げていく上では、レノボやNECといったレノボグループのPCブランドとは異なった、独自の立ち位置を持つ必要がある。その際に、レノボや富士通のどちらかに寄るというのではなく、FCCLの独自性を持つための最適解を探し続けることが必要である。それが課題であり、私にとってのやりがいになる」と発言。今後も、FCCLの独立性を重視する姿勢を示してみせた。

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ