このページの本文へ

密を避ける時差買い物をサポート、「SmartNews」に「お買物混雑マップ」提供開始

2021年03月24日 15時20分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートニュースは3月24日、コロナ禍での毎日の買い物に役立つ新機能として、店舗単位の時間帯別の混雑傾向をマップで知らせる「お買物混雑マップ」をニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」での提供を開始した。

 お買物混雑マップはSmartNewsで「混雑マップ」チャンネルを追加すると表示される。端末の位置情報を利用することで、利用者の近所の店舗をマップで表示し、店舗ごとに、曜日・時間帯別の混雑傾向を「通常より混雑」「通常程度」「いつもより空いている」の3段階で確認できる(当該店舗の直近4週間の中で最も混雑している1時間あたりの人数を100%の基準とし、時間帯ごとに「いつもより空いている」、「通常程度」、「通常より混雑」に分類)。

 普段の買い物機会が多い、スーパーやドラッグストアに加え、ホームセンターやディスカウントストア、百貨店・モールを含めた5業種で、全国およそ4万9000店舗の情報を掲載する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン