このページの本文へ

東急バス、車内の混雑情報をリアルタイムで案内する実証実験

2021年03月04日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東急バスとナビタイムジャパンは3月3日、バス車内の混雑情報をリアルタイムで案内する実証実験を東急バス公式サイトの「乗換・時刻表サービス」、バス停留所のデジタルサイネージ、バス専用ナビゲーションアプリ「バスNAVITIME」にて実施すると発表した。

 本実証実験は、バス乗降口の赤外線センサーにより利用者の乗降人数を計測し、車内の混雑度を3段階で案内するもので、空港連絡バス・高速乗合バスなどを除いた全路線で実施する。

 PC・スマートフォンのほか、一部停留所に設置のサイネージで、バスのリアルタイム位置情報と車内の混雑状況を確認することができ、混雑したバスを避けて乗車するといった選択も可能となる。混雑したバスを避け空いているバスを利用することで、車内の混雑が平準化されると共に、遅延の解消も期待される。

 また、停留所においては、視認性・耐久性に優れ、低消費電力な電子ペーパーを活用したバス接近表示・混雑情報案内の実証実験もあわせて実施する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン