• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

アルゼンチン出身のオペレーター「Flores」が参加

『レインボーシックス シージ』YEAR6最初のシーズン「Crimson Heist」の詳細を発表

2021年02月22日 19時05分更新

文● Zenon/ASCII

 ユービーアイソフトは2月22日、タクティカルシューターゲーム『レインボーシックス シージ』において、YEAR6最初のシーズンとなる「Crimson Heist」に関する情報を発表した。

 この新シーズンでは、アルゼンチン出身のオペレーター「Flores」がレインボーシックスチームに参加することに加え、マップ「国境」のリワーク、各種アップデート、エリートスキンの追加が含まれているという。

■先行体験レポートはこちら
https://ascii.jp/elem/000/004/045/4045005/

「Crimson Heist」ゲームプレイトレーラー

以下、リリースより。

 「Crimson Heist」では、新たな攻撃オペレーター「Flores」が追加されます。彼のガジェットは、RCE-ラテロチャージとよばれる限られた時間の間操作することができる爆発デバイスです。

 操作時間の終わりや、彼が操作を終わらせたとき、このガジェットは防弾仕様となり、カウントダウンが開始します。そのカウントダウンの終了とともに最後には爆発します。

 「Flores」は、AR33アサルトライフルとSR-25マークスマンライフルをメインウェポンとして装備し、GSH-18をサブウェポンとして装備しています。

 この新しいオペレーターの追加に加え、マップ「国境」のリワークも実施され、東側の階段と休憩室が繋がるバルコニーの追加など、新たな姿をご覧いただけます。

 トイレは、外側のエリアにあわせて拡張されます。そのほかにも、エントリーができなくなった箇所や、いくつかの破壊可能な壁がなくなるなど、この新たな環境をお楽しみください。

 また今回のシーズンからは新たなサブウェポンとして「Gonne-6」が登場します。この武器は、破壊可能な壁やオペレーターに対する攻撃力が大きくないものの、20秒メタやYEAR5で登場した強力な防衛側へのメタとして用意されました。

 同じく本日発表したYEAR6に向けた『レインボーシックス シージ』の今後に関する情報でもお知らせしたマッチリプレイ機能やストリーマーモードは、ユーザーからのフィードバックを集めるため、「Crimson Heist」のテストサーバーに実装されます。

 また、「Kali」のエリートスキン「マスターフレーム・プロトタイプ」が2021年2月22日から登場します。

 「Crimson Heist」は、Windows PC版テストサーバーにて2021年2月22日からプレイ可能です。このテストサーバーは、『レインボーシックス シージ』に新しく追加されるゲームプレイをテストするバージョンです。

 テスト環境でのプレイとなりますので実際のゲームプレイとは異なる場合があります。テストサーバー版をご体験した場合はぜひコチラにてフィードバックをご共有ください。

ユービーアイソフト公式ブログ「UBIBLOG」
https://ubiblog-jp.com/2021/02/22/r6s-crimson-heist/

 

【ゲーム情報】

タイトル:レインボーシックス シージ デラックスエディション
※デラックスエディションには『レインボーシックス シージ』の基本のゲームとすべてのYEAR 1、2のオペレーターが含まれます
ジャンル:タクティカルシューター
販売:ユービーアイソフト
プラットフォーム:PlayStation 5/PlayStation 4/Xbox series X/Xbox series S/Xbox One/PC(パッケージ版はPlayStation 4のみ)
発売日:発売中
プレイ人数:オフライン1人/オンライン2~10人
価格:3960円
CERO:D(17才以上対象)

   
この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう