• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

  • Switch『那由多の軌跡 アド・アストラ』の発売日が5月26日に決定!

  • PS5用カバーのカラーバリエーション「スターライト ブルー」「ギャラクティック パープル」「ノヴァ ピンク」が2022年6月17日に発売決定

  • 戦は出陣の前から始まっている。『信長の野望・新生』のシステム紹介動画・第3弾「戦の準備」が公開

  • Switch版『タウンズメン キングダムリビルト コンプリートエディション』の最新トレーラーが公開

  • Switch/PS4『ANONYMOUS;CODE』のゲームオープニングムービーが公開!新たに4人のキャラクターも

  • 4Kでも平均138fps以上!高評価のアクションRPG「TUNIC」を「Ryzen 7 5700G」&「Radeon RX 6700 XT」で遊んでみた

  • 敵のブレスを相殺できる!『モンハンライズ:サンブレイク』の「双剣/ライトボウガン」を紹介する映像が解禁

  • PS Storeとニンテンドーeショップで「夏はすぐそこ! スクウェア・エニックス セール」が開催!

  • “ありったけ”をぶつけろ!『モンハンライズ:サンブレイク』の「弓/チャージアックス/ガンランス/狩猟笛」を紹介する映像が解禁

  • PS4/Switch『デジモンサヴァイブ』はテキストアドベンチャー主軸の物語重視の作品。タクティクスバトルの詳細も判明!

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022June

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

付属のケーブルで2台の本体をつなげることで対戦が可能!

シリーズ初の対戦機能搭載!『魂斗羅』がレトロアーケードシリーズに登場!!

2020年12月10日 15時50分更新

文● ASCII

対戦が可能になったレトロアーケード <魂斗羅>

 インフォレンズは12月10日、家庭用アーケード筐体型ゲーム機「レトロアーケード」シリーズより、『魂斗羅』を全国の家電量販店および通販サイトなどで販売した。価格は、7920円。

以下、リリースを引用

 「レトロアーケード」シリーズは、1980年代にゲームセンターで大ブームを起こしたゲームの筐体をベースにデザインされた小型ゲーム機です。

 小さいながらもしっかり遊べる製品に仕立てられており、『パックマン』『ギャラガ』などのバンダイナムコタイトルのほか、タイトー・データイーストのゲームタイトルを含む数多くのシリーズ展開でご好評いただいています。

 今回はその中から1987年に登場し一斉を風靡したコナミファン待望の『魂斗羅』がレトロアーケードにも登場。今回はレトロアーケードシリーズ初となる対戦機能がつきました。付属のケーブルで2台つなげば白熱間違いなしの対戦が可能となります。また処理能力を高めた新設計のLSIを搭載し、アーケード筐体と同様の縦画面でのプレイが楽しめます。

レトロアーケード <魂斗羅>

【製品情報】

製品名:レトロアーケード <魂斗羅>
輸入・販売:インフォレンズ
製造元:dreamGEAR, LLC.
本体サイズ:およそ幅114mm×高さ218mm×奥行き155mm
重量:およそ600g
価格:7920円
電池:単3乾電池 4本使用(別売)※USBマイクロ端子での電源供給も可能

レトロアーケード <魂斗羅> パッケージ

【販売先】

▼Amazon.co.jp

https://www.amazon.co.jp/dp/B08M5HGXHJ/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_ezw0FbY6968HX

▼あみあみ

https://www.amiami.jp/top/detail/detail?gcode=TOY-015901

▼Joshin webショップ

https://joshinweb.jp/game/47029/4573272527743.html

▼セブンネットショッピング

https://7net.omni7.jp/detail/2110618583

▼ヨドバシ.com

https://www.yodobashi.com/product/100000001005872850/

▼楽天ブックス

https://books.rakuten.co.jp/rb/16515108/?l-id=search-c-item-img-02

 

<店舗>

お宝創庫半田店/お宝創庫豊田店/買取販売市場ムーラン新宿東南口店/スーパーポテトなんば店/スーパーポテト池袋店/トクジロー浦安店/ファミーズ富木島店/ファミーズ中川店

 
この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう