Amazon VPCの環境設定をバックアップ/復元できる機能も追加

「Veeam Backup for AWS v3」提供開始、Amazon RDSの保護も可能に

大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヴィーム・ソフトウェアは2020年12月9日、Amazon Web Services(AWS)のデータ保護ソリューション最新版、「Veeam Backup for AWS v3」の一般提供開始を発表した。新版ではこれまでの「Amazon EC2」に加えて、新たにリレーショナルデータベースサービス「Amazon RDS」のデータ保護にも対応。また「Amazon VPC」の環境設定情報をバックアップ/リカバリする機能も追加される。

最新版ではAmazon EC2に加え、Amazon RDSのデータ保護やAmazon VPCの環境設定バックアップにも対応した(画像はデモビデオより)

 Veeam Backup for AWSは、AWS向けに開発されたクラウドネイティブなバックアップ/リカバリソリューション。ワークロードやデータの保護をポリシーベースで自動化することが可能で、Veeamの特徴であるハイブリッド/マルチクラウド環境内のポータビリティも実現する。前バージョン(v2)の発表からおよそ半年でのバージョンアップとなった。

 従来のバージョンでは、AWSのコンピュートサービスであるEC2にのみ対応したものだったが、今回は新たにRDSの各種インスタンス(MariaDB、Microsoft SQL Server、MySQL、Oracle、PostgreSQL)にも対応した。これにより、ユーザーはAWS上のデータベースに蓄積されたデータを簡単に保護/復元できるようになる。別のロケーション(リージョン)への復元も可能だ。

 またv3では、VPCそのもののバックアップ/リカバリにも対応する。具体的には、VPCの設定情報をAmazon S3ストレージにバックアップし、そこからVPCを復元することが可能だ。これにより、VPCの設定ミスに対するトラブルシューティングや、開発/テスト環境やDR環境としてVPCを利用する場合の取り扱いが容易になる。

 なおVeeam Backup for AWSでは、10インスタンスまでのバックアップ/無制限のリカバリができる無償版と、1インスタンスあたり年額40ドルからの有償版が提供されている。Veeam WebサイトまたはAWS Marketplaceから購入できる。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
2020年
02月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
01月
06月
10月
2018年
02月
04月