Amazonとの取引においてEDI手順と物流センターのレイアウトを見直した事例

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソリューション導入の決め手

 創業130年を超える老舗インテリアメーカーのD社は、インターネット通販にも力を入れており、通販物流も自社の物流センターで問題なく行なっていました。ここ数年、自社製品のブランディングも成功し、売上も拡大していました。

 特にAmazonでの売上の伸長が顕著で、毎年前年比150%強の売上を計上するようになりました。当然、物量も売上に比例して増加したのですが、Amazonで販売した製品の出荷は他のECサイト販売分とは業務フローが大きく異なり、作業効率の低下を招いていました。

 ECモール、直営のECサイトでの受注は個人別のオーダー毎のピッキング・梱包となり、多頻度小口配送に対応できるように物流センターを整備してきましたが、AmazonではAmazonが全国のFC(Amazonの物流センター)から購入者へ発送します。ベンダーはFCに当日受注分を一括納品します。出荷作業は小口でなく、大口(FCへの納入分をまとめて作業)の作業となり、作業の方法も変わってきます。

 D社は今後のAmazon売上拡大を視野に入れ、自社物流センターの改善に取り組みました。FCセンター一括納品に対応するため、トータルピッキングを採用することにしました。アイテム毎にピッキングを行い、仕分け場でFC毎に仕分けていく方法です。これによりピッカーの削減と動線の短縮が実現できます。

 また、受注形態もWeb-EDIからSFTP(※)を利用したAmazonEDIに変更することで出荷の準備・報告作業の効率化にも成功しました。FC毎に手作業で処理を行うWeb-EDIと比べてAmazonEDI方式は送受信の自動化が可能で人員削減が見込めます。D社はEDIと物流の改善が必要と判断し、両方の業務をサポート可能な当社の「EOS名人」「検品支援名人」「送り状名人」を導入してAmazonとの取引に対応しました。

 このように、Amazonとの取引においてはEDI業務の改善だけでなく、EDIに繋がる業務も合わせて改善することをお勧めします。

(※)SFTP:SSH File Transfer Protocol 暗号化された通信方法の一つ広く利用されているFTP方式とコマンド等が類似している

■このコラム「日本流とは違う、アマゾンのEDIとその対応策」も合わせてご覧ください。

※本ページの内容はユーザックシステムの「業務改善とIT活用のトビラ」の転載です。転載元はこちらです。

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
11月