• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

伝説的コミックアーティストであるJoe Madureira氏のコメントも到着

ライアットゲームズが『LoL』の世界観を継承した新作RPGを2021年初頭にリリース!

2020年11月02日 15時00分更新

文● ASCII

 ライアットゲームズは10月31日、『League of Legends』(以下、LoL)の世界観を継承したシングルプレイヤー専用のターン制RPG『Ruined King : A League of Legends Story』(ルインドキング ア リーグ オブ レジェンド ストーリー)を家庭用ゲーム機とPCでリリースすると発表した。リリース日は、2021年初頭予定。

 本ゲームは、2020年9月25日から10月31日まで中国:上海を会場にオンラインで開催された『LoL』の世界大会「2020 League of Legends World Championship」の最終日に全世界に向けサプライズで発表されたものとなる。

公式アナウンストレーラー

以下、リリースを引用

 本作は、伝説的コミックアーティストのJoe Madureira氏が率いるAirship Syndicateが開発を行ない、Riot Games内のパブリッシングレーベル「Riot Forge(ライアットフォージ)」が初めてリリースするゲームタイトルです。

 本作のゲームストーリーは、LoLの世界観を継承した2つの地域が舞台となります。1つは海の怪物ハンターや港のギャング、世界中の密輸業者たちが根城にする港街「ビルジウォーター」。そしてもう1つは、触れた者を破滅させる恐ろしい「黒き霧」に覆われた、呪われた島である「シャドウアイル」です。また、主人公のイラオイとミス・フォーチュンのほかに、ヤスオ、アーリ、ブラウム、パイクらLoLでも人気の6人のチャンピオンが、プレイ可能なキャラクターとして登場します。

 2021年初頭に、Nintendo Switch/PlayStation 4/Xbox One/PC(Steam/Epic Gamesストア)でリリースされ、その後、PlayStation 5とXbox Series X/Xbox Series Sでもリリースされます。その際、既存のPlayStation 4版およびXbox One版を所有しているプレイヤーは無料でバージョンをアップグレードすることができます。

 『Ruined King:A League of Legends Story』に関する追加情報は12月に発表予定です。

Riot Forge責任者 Leanne Loombe氏コメント

 「『Ruined King』は新たなプレイヤーだけでなく、『LoL』の熱烈なファンにとっても、より深くルーンテラの世界を知ることができるものとなっています。プレイヤーの皆さんが長年に渡って楽しんでくださってきたストーリーやチャンピオンの、さらなる探求に飛び込んでくださると思うとワクワクします。皆さんが私たちと一緒に、この新しい冒険を始めてくださるのが待ちきれません」

Airship Syndicate CEO Joe Madureira氏コメント

 「Riot Forgeと協力して壮大なルーンテラの世界を拡げるチャンスを見逃すことはできませんでした。私たちの中にはこのゲームに登場するチャンピオンがお気に入りのメンバーもいます。ルーンテラのキャラクター、クリーチャー、環境に私たちがどのように命を吹き込んだか、プレイヤーの皆さんに見ていただくのが楽しみです。」

 

【ゲーム情報】

タイトル:Ruined King : A League of Legends Story
ジャンル:シングルプレイ ターン制 RPG
販売:ライアットゲームズ
プラットフォーム:
Nintendo Switch/PlayStation 4/PlayStation 5/Xbox One/Xbox Series X/Xbox Series S/PC(Steam/Epic Gamesストア)
発売日:2021年初頭(予定)
価格:未定

   
この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう