• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

PC版LoLの既存プレイヤーはゲーム内報酬がもらえる

『LoL:ワイルドリフト』のオープンベータテストが10月28日より国内でスタート!

2020年10月17日 00時00分更新

文● Zenon/ASCII

 ライアットゲームズは10月17日、スマートフォン向けタイトル『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』のオープンベータテストを、2020年10月28日より日本国内でスタートすると発表した。

 「ワイルドリフト」のオープンベータテストは今回が初で、日本のほかにインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、韓国、タイでもスタートする。

 対象地域の全プレイヤーは「ワイルドリフト」をプレイすることが可能となり、今後2021年初頭にかけてオープンベータテストは多くの地域に拡大していく予定だという。

・「ワイルドリフト」オープンベータテストの詳細はコチラ

・「ワイルドリフト」公式サイトはコチラ

■紹介動画

以下、リリースより。

「ワイルドリフト」で実施予定のコンテンツ

●新たなロケーション

 今後数ヵ月間で「ワイルドリフト」は新たなマーケットに拡大します。2020年12月にはヨーロッパ、オセアニア、ベトナム、台湾に、2021年春には南北アメリカに拡大する予定です。

 

●新たなチャンピオン

 今月リリースするパッチでは、PC版のLoLで人気のジャングラー「盲目の修行僧、リー・シン」が「ワイルドリフト」に登場します。彼はPC版と同じく巧みなテクニックで相手を圧倒するポテンシャルを持ち、シームレスなモバイル向けの操作方法にあわせて調整されています。

 

●チャンピオンプレビュー

 6体の新たにリリース予定のチャンピオンのテストを実施します。「カイ=サ」「イブリン」「アカリ」「ダリウス」「ドレイヴン」、そして最新のチャンピオンでありLoLの新しいポップスターでもある「セラフィーン」が2020年10月の数日間、完全無料でプレイ可能になります。

 

●ゲーム内報酬

 韓国と日本では、既存のライアットゲームズのアカウントを利用してログインすることで、PC版LoLのプレイ時間と購入額に応じた報酬を受け取ることができます。東南アジア地域のクローズドベータでは、Riotアカウントを作成して連携することで今年中にチャンピオンやスキンなどの報酬をプレゼントします。

 

●「ワイルドリフト」に「K/DA」が登場

 LoLのチャンピオン「アーリ」「イブリン」「アカリ」「カイ=サ」で構成されたバーチャルポップグループ「K/DA」が「ワイルドリフト」に参戦します。K-POPに触発されて誕生した「K/DA」は、よりグローバルなポップサウンドを取り入れるように進化し、ゲームの枠を超え新しい音楽のアイデンティティを作り上げています。

 「K/DA」は2018年11月3日に、口コミによるヒットでセンセーションを巻き起こした『POP/STARS』でデビューし、『リーグ・オブ・レジェンド』では専用スキンが登場しました。

 その後、彼女たちは2020年8月27日にプレリリースシングルの『THE BADDEST』で正式にカムバックしました。これは、次のEP(複数の新曲)である『ALL OUT』に収録されている5曲のうちの1曲です。

 2020年10月末には、「K/DA ALL OUT セラフィーン」を1325ワイルドコアで、「K/DA ALL OUT アーリ」「K/DA ALL OUT アカリ」「K/DA ALL OUT イブリン」「K/DA ALL OUT カイ=サ」を各990ワイルドコアで購入可能になります。

※ワイルドコアは「ワイルドリフト」における課金通貨です。

 

【ゲーム情報】

タイトル:リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト
プラットフォーム:iOS/Android
配信日:未定
価格:基本プレイ無料(ゲーム内課金あり)
配信:ライアットゲームズ

 
この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう