このページの本文へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第604回

キッズパソコンKano PCにピッタリの「Kano Mouse」を衝動買い

2020年10月22日 12時00分更新

文● T教授 撮影●T教授 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

組み立てパーツは全部で6種類。USB Type-A→Type-Cアダプターも付属する(左下)

組み立て「はめ込み作業」ですべてが終了

 すべてのパーツは、接着、ネジ止めなどの作業は一切なく、はめ込み作業ですべてが終了する構造に作られている。もちろん複雑な半導体や重要なスイッチなどを配置したメインの回路基板(PCB)は完成テスト済みだ。

組み立てガイドブックは、イラストもあり子供が考えながら短時間で組み立てができるように配慮されている

 組み立ては、パーツトレイのフタになっている3つ折りの組み立てガイドブックに挿絵入りで分かりやすく5ステップに渡って記述されているので、小学生くらいの子供なら簡単に組み立てられるだろう。

まずはPCBにUSB Type-Cケーブルを挿入、続いてスクロール車輪のセット

 基本的には、PCBに付属のUSB Type-Cケーブルを繋ぎ、スクロール車輪をはめ込み、Light Pipeをセットしたアクリルケースとを合体すれば、基本部分は完了だ。そして最後に、オレンジ色のLID部の3本の柱をアクリルケースの受け側マグネット部分に挿入すれば完成だ。組み立て時間はゆっくりやっても10分ほどだろう。

続いてアクリルケースの内側中央にLIGHT PIPEをセットする

 四半世紀近くTrackPoint派の筆者は、基本的にマウス不要の人間だが、TrackPointがなくてタッチパッドだけの他社製ラップトップも数台持っている。あいにく筆者はタッチパッドの操作が極端に下手なので、いつも数個のマウスの中からお気に入りのモノをタッチパッド型のラップトップPCに接続して使うことが多い。

先ほどType-Cケーブルを接続し、スクロール車輪をセットしたPCBをアクリルケースにはめ込む

 昨今の多くのマウスはBluetooth対応などの無線通信マウスが多いが、まだまだ動作確実性の高い有線マウスも数は少ないが愛用している。新しい有線マウスの仲間入りをしたKano Mouseは、大人でも小さ過ぎず手のひらへの収まりも良い軽量サイズだ。

カチッとはめ込みが終わればPCBが固定されたかどうかチェックする

 Kano Mouseのクリック音は、筆者の好みの"カチカチ音"ではなく"ポコポコ"というちょっとチープな感じの音だ。しかしこれはあくまで好みの問題だろう。もちろん決して耳障りな音ではないので、考え方によれば静音性に優れているとも言える。

オレンジ色のLID(フタ)をアクリルケースに被せてLIDの3本の足をマグネットのセットされた穴に吸着するまで押し込む

 スクロール車輪も前回転と後回転で発生音の音質が大きく違うが、これも趣味の問題の範囲だ。スクロール車輪のクリック音も左右ボタンと同様で"ポコポコ"という感じは同様だ。これは採用しているスイッチの発生音と、ケース全体に伝達拡散される反響音がその主な理由だろう。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン