• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

賞金総額1500万円の国内大会!

激闘の準々決勝に胸が熱くなった「レインボーシックス Japan Championship 2020 FINAL ROUND」DAY1!

2020年10月18日 16時30分更新

文● 市川 編集● ASCII

FPSタクティカルシューター「レインボーシックス シージ」国内大会の決勝「レインボーシックス Japan Championship 2020 FINAL ROUND」が、10月17日、18日にわたって開催。本記事では、10月17日に開催されたDAY1の模様をお届けする

 10月17日、FPSタクティカルシューター「レインボーシックス シージ」国内大会の決勝「レインボーシックス Japan Championship 2020 FINAL ROUND(以下、FINAL ROUND)」のDAY1が開催された。会場は幕張メッセで、無観客での実施となった。

 10月18日のDAY2で開催される準決勝、決勝で勝利を収めたチームには、賞金総額1500万円(優勝:1000万円、2位:300万円、3位:100万円、4位:50万円、5位タイ/4チーム:12万5000円)に加え、アジアのベスト12チームが集結するリーグ戦「APAC North Division」の入れ替え戦出場権が授与される。

オープニングセレモニーでは、(左から)ゲームキャスターのふり~だ氏、Okayama氏、ともぞう氏、ゲストのpapilia氏、スペシャル配信番組に出演する「父ノ背中」のけんき選手、お笑い芸人の河本 準一さん(次長課長)、とにかく明るい安村さんが登壇

 最大256ものチームが予選大会(オンライン)に出場し、勝ち抜いた8チームがFINAL ROUNDに進出となる。DAY1は、8チームからベスト4を決める準々決勝(Best of 3=2本先取)が実施された。

DAY1開幕戦は、FAV Gamingの勝利!

FAV Gaming

GEARMIX esports

 DAY1の開幕戦は「FAV Gaming」と「GEARMIX esports」の試合。第1試合の「クラブハウス」は、FAV Gamingの実力に圧倒される試合となった。FAV GamingのShiN選手が驚きのテクニックを披露し、次々とキルを重ねていく。GEARMIX esportsも負けじと抵抗を続けるも、FAV Gamingの猛攻を阻止することはできなかった。第1試合は、7-5でFAV Gamingが勝ち取った。

第1試合のマップは「クラブハウス」

第2試合のマップは「カフェ・ドフトエフスキー」

 続く第2試合のマップは「カフェ・ドフトエフスキー」。FAV Gamingが優勢となり、あとがないGEARMIX esports。第4ラウンドまではお互いラウンドを制し、どのチームが勝利を掴むのか予想できない展開が続いた。だが、第9ラウンドからFAV Gamingの快進撃が始動。マッチポイントも完封勝利を遂げたFAV Gamingが、DAY2へと駒を進めた。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう