このページの本文へ

NTT Com、専門的なスキルがなくても高度なデータ可視化や分析を可能とするサービスを発表

2020年10月13日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は10月13日、専門性を必要としないシンプルな操作でデータ分析や可視化が可能となるサービスを提供すると発表した。10月30日より順次提供を開始する予定。

 NTTデータ数理システムが提供する「Visual Mining Studio」、NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューションが提供する「TIBCO Spotfire」、マイクロストラテジー・ジャパンが提供する「HyperIntelligence」を活用するもの。

 日々変化するビジネス環境下での迅速な意思決定に向け、企業ではさまざまなデータを利活用する動きが高まっているが、データ利活用では収集・蓄積・統合したデータを活用できる形にするための分析・可視化には専門的なスキルが要求される。NTT Comでは次世代プラットフォーム「Smart Data Platform」で提供するデータの収集(Flexible InterConnect)、蓄積(Enterprise Cloud Wasabiオブジェクトストレージ)、統合機能(インフォマティカソリューション)と連携するサービスを提供し、専門的なスキルがなくてもデータの分析や可視化を可能としている。

 Visual Mining Studioはプログラミング不要で、直感的なマウス操作により、データの前処理、データの関連性や似たもののグループ化、将来予測などができるデータマイニングサービス。購買データをもとに、ある商品と同時に購入される頻度が高い商品を見つけ出すことで、売り場レイアウトの見直しを行なうといった意思決定を利用できる。10月30日提供予定。

 TIBCO Spotfireは、データを瞬時にグラフや散布図などにビジュアル化できるBIサービス。手作業によるデータの抽出や集計など作成の事前準備が必要であった解析レポートも、瞬時にビジュアル化できるため、稼働を削減できるという。10月30日提供予定。

 HyperIntelligenceは、ウェブやメールなどのツール上で表示された顧客名や製品名などの文字情報にカーソルを合わせるだけで、関連するKPIや詳細情報をカード形式で表示できるBIサービス。営業社員が顧客に関連するKPIや詳細情報を瞬時に確認でき、迅速かつ適切な対応が可能となる。2020年度内の提供を予定している。

カテゴリートップへ

ピックアップ