• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

PlayStation 4版は画面分割のマルチプレイが可能!

『地球防衛軍6』の最新スクリーンショットも!『デジボク地球防衛軍』TGS2020オンライン生放送をレポート

2020年09月26日 09時00分更新

文● ASCII

左が岡島信幸氏、右が渡辺浩弐氏

 ディースリー・パブリッシャーは9月26日、東京ゲームショウ 2020公式チャンネルで、「『デジボク地球防衛軍』TGS2020オンライン生放送」を配信。Nintendo Switch(Switch)/PlayStation 4(PS4)向けソフト『ま~るい地球が四角くなった!? デジボク地球防衛軍 EARTH DEFENSE FORCE: WORLD BROTHERS』をはじめ、『MAGLAM LORD/マグラムロード』(Switch/PS4)など、同社の新作タイトルの情報を公開した。

 

【『デジボク地球防衛軍』TGS2020】オンライン生放送アーカイブ

PS4での実機プレイも!
『デジボク地球防衛軍』の魅力を紹介!

 放送では、ディースリー・パブリッシャーのプロデューサー、岡島信幸氏が登壇。公式番組MCの渡辺浩弐氏とともに、『デジボク地球防衛軍』の魅力を紹介した。

 本作は、『EDF』シリーズのスピンアウト作品で、ダークレジオン率いる6隻のマザーシップの攻撃でバラバラになってしまった地球を守るために戦う3Dアクションシューティング。

 ゲームはボクセルで世界が再現されており、ナンバリングの『地球防衛軍』とはまた違った新鮮な感覚で遊ぶことができる。

 岡島氏いわく、本作はファンアイテム的な内容になっており、シリーズの兵科が総出演。敵もシリーズで印象的な巨大生物やメカ、超巨大生物が多数登場する。また、本作オリジナルのご当地EDF隊員も登場し、バトルだけでなく、EDF隊員集めも楽しめるという。その数なんと、100人以上!

 なお、ゲームは最大4人のチームで戦いに挑むことができる。ステージでは、いつでも使用キャラクターを切り替えることが可能だ。

 

 そして、放送では、本作の実機プレイを初披露。ゲームの世界がわかる導入から、チュートリアルまでを岡島氏みずからがプレイした。

 本作ではバラバラになってしまった地球上で敵と戦うことに。チュートリアルではステージ上に倒れているブラザー(仲間)を助け、チームに加えるシチュエーションも確認できた。

 なお、発見したブラザーは、枠に空きがあれば、すぐにチームメンバーに加わる。ブラザーは、キャラクターごとに使用武器や必殺攻撃の“スペシャル”が異なっている。ステージ挑戦時にチームメンバーは選べるので、自分が扱いやすいキャラクターを選ぶのがキーとなりそうだ。

 岡島氏いわく、チームには飛行できる兵科を1人は加えていた方がいいとのこと。

 PS4版は画面分割でのマルチプレイが可能。放送では岡島氏と渡辺氏の2人でプレイしたが、1人が4人の1チームを使うことになるので、最大8人でステージに挑戦することになる。

 操作する兵科は、方向キーを押すことで切り替えが可能。プレイでは、飛行できる兵科で建物の上に移動し、キャラを切り替えて下方にいる敵を攻撃するといった戦い方を披露した。

 また、岡島氏は「リロードになったらキャラクターを切り替えるといい」とキャラ切り替えを使った戦い方のワンポイントアドバイスも。

 プレイ後、渡辺氏は「サクサク楽しめますね」と、本作の手触りのよさに感心していた。

 本作は、2020年12月24日にNintendo SwitchとPlayStation 4で発売。『デジボク地球防衛軍』の製品の詳細は下記の記事で紹介しているので、チェックしてほしい。

■該当記事はこちらをチェック!

防衛開始はクリスマスイヴ!『デジボク地球防衛軍』発売予定日を12月24日に決定

豪華スタッフで贈る
『MAGLAM LORD/マグラムロード』

 世界設定・シナリオに『サモンナイト』シリーズの都月景氏、キャラクターデザイン・イラストに『Fate/Grand Order』岡田以蔵などを手掛けたlackさんなど、豪華クリエイター陣が贈る完全新作となる『MAGLAM LORD/マグラムロード』。放送では、これまで発表されてきた内容をあらためて紹介。

 

 本作では、プレイヤーは絶滅危惧種に認定された魔王(男女選択可)となり、絶滅しないためにコンカツすることになるという。コンカツとはどういったものかは、続報に期待してほしいとのこと。

 【刃の魔王】である主人公は、「魔剣」に転身して、魔剣の使い手となるパートナーとともに戦うことになる。魔剣は、敵の魔獣を倒して素材を集めて、新たなものを作り出すことが可能。作った魔剣にデコアイテムを盛ることで、見た目や性能が変わるとのこと。

 デコアイテムも豊富にあるそうなので、アイテム収集などが好きな人にはたまらない要素になりそうだ。

『地球防衛軍6』の新着スクリーンショットも!

 

 番組のラストには、2021年発売予定の『地球防衛軍6』の最新スクリーンショットが公開された。

 『地球防衛軍5』から3年後の荒廃した地球が舞台となる『6』。対応ハードも含め、続報に期待したい。

 現在、PS StoreやSteamなどでセールも開催されているので、『EDF』シリーズなどまだプレイしたことのない人はチェックしてみよう。

 
この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう