• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「サクラ大戦」関連情報なども発表した、最新情報盛りだくさんの2時間

ゲーム芸人フジタさんも絶賛!「アストロシティミニ」などの最新情報をお届けした「情報LIVE! セガ・アトラス」

2020年09月27日 21時03分更新

文● 市川 ●編集 ASCII

9月27日、「東京ゲームショウ 2020 オンライン」の同社公式配信番組「セガアトラスTV」にて「情報LIVE! セガ・アトラス」を生配信。2020年12月17日発売予定の「アストロシティミニ」など、同社の最新情報をお届け

 セガは9月27日、「東京ゲームショウ 2020 オンライン」の同社公式配信番組「セガアトラスTV」で「情報LIVE! セガ・アトラス」を生配信した。

最初のコーナーは、「おらがゲームを徹底解剖! 『アストロシティミニ』」

 まずは「おらがゲームを徹底解剖! 『アストロシティミニ』」から。本コーナーでは、MCの椿 彩奈さん、レトロゲームをこよなく愛するゲーム芸人フジタさんに加え、下川 智氏(セガトイズ 企画本部プロダクト企画部 シニアスペシャリスト)、西村 健作氏(セガ コミュニケーション・デザイン部)、宮崎 浩幸氏(ジャパン事業部:副事業部長)が登場し、12月17日発売予定の「アストロシティミニ」の最新情報を紹介した。

左側がアストロシティミニ、右側が「ニューアストロシティ」

 アストロシティミニは、伝説のセガ・アーケード筐体「アストロシティ」を6分の1サイズで忠実に再現したもので、コンパクトなサイズ感と、名作アーケードゲームを36作品収録しているのが特徴だ。ゲームセンターに設営された面影をそのまま再現できるアクセサリーをまとめた「ゲームセンタースタイルキット」も同時発売される。アストロシティミニの価格は1万4080円で、ゲームセンタースタイルキットは4378円。

下川さんが手に持っているのは、セガトイズ ECサイト「セガトイズ.com」で販売される「アストロシティミニ セガトイズ.com ピンクボタン限定バージョン」。操作ボタンが2Pカラーのピンクになっているのが特徴で、1500台限定で販売される

本体とコントローラー2個をセットにした「限定バージョンA」と、本体とアーケードスティックをセットにした「限定バージョンB」の2種類を用意

 また、「アストロシティミニ セガトイズ.com ピンクボタン限定バージョン」の情報も発表した。操作ボタンが2Pカラーのピンクになった製品で、10月14日にオープンするセガトイズ ECサイト「セガトイズ.com」にて、同日13時より各セット1500台限定で予約受注を開始する。

 製品は、本体とコントローラー2個をセットにした「限定バージョンA」と、本体とアーケードスティックをセットにした「限定バージョンB」の2種類。さらに本体のスピーカー部を強化した後継機「ニューアストロシティ」へと見た目が変化する「ニューアストロシティミニ スピーカーカバー」を付属している。限定バージョンAは2万196円、限定バージョンBは2万7060円。

筐体出荷時に付属していた幻のタイトル「ドットリクン」が37本目の収録タイトルに

 アストロシティミニの収録タイトルは36本とされていたが、幻のタイトル「ドットリクン」をラインアップに追加すると発表。セガが開発した世界初のドットイートゲーム「ヘッドオン」をベースにしたタイトルだが、筐体出荷時に付属していたテスト用基板のため、当時のゲームセンターではプレイできなかったという。そんなドットリクンが37本目の収録タイトルとしてプレイできるのは、朗報というべきだろう。

「ゴールデンアックス デスアダーの復讐」をプレイするフジタさん

「バーチャファイター」の対戦プレイに熱中するフジタさんと西村さん

 その後、アストロシティミニを試遊することに。フジタさんは、収録タイトルのひとつである「ゴールデンアックス デスアダーの復讐」をプレイ。小さい画面ながらも解像度は鮮明なうえに、スティックとボタンはゲーセンと同じ感覚で操作できるとフジタさんは絶賛していた。続いて西村さんと「バーチャファイター」をプレイし、こちらも大きな盛り上がりをみせていた。

アストロシティミニが香港・中国・韓国・台湾の4ヵ国でも販売決定

 試遊終了後、アストロシティミニが香港・中国・韓国・台湾の4ヵ国でも販売すると発表した。発売は12月下旬を予定。

 最後、出演陣がアストロシティミニの魅力を熱く語った後に、本コーナーは幕を閉じた。アストロシティミニの発売が待ち遠しいと感じさせるコーナーだった。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう