このページの本文へ

鉄板&今が旬なパーツを性能検証!! 第30回

【鉄板&旬パーツ】Wi-Fi 6とともに対応が進む2.5GbE LANに注目

2020年08月23日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

転送ロスもなく、公称値どおり1GbEの2.5倍の
パフォーマンスをサクッと発揮!

 マザーボードオンボードの2.5GbE LANや、追加した各アダプターから、QNAP NASの共有フォルダーにアクセスした際のパフォーマンスを「CrystalDiskMark」でチェックした。

テスト環境
CPU AMD「Ryzen 3 3300X」
(4コア/8スレッド、3.8~4.3GHz)
マザーボード ASUS「TUF GAMING B550-PLUS」
(AMD B550、ATX)
メモリー Crucial「Ballistix Sport LT W4U3200BMS-16G」
(DDR4-3200 16GB×2枚)
ビデオカード SAPPHIRE「SAPPHIRE PULSE RADEON RX 5700 8G」
(Radeon RX 5700、GDDR6 8GB)
HDD CFD「CSSD-M2B1TPG3VNF」
(PCIe Gen4×4 NVMe M.2、1TB)
電源ユニット Seasonic「FOCUS-GX-750」
(80PLUS GOLD、750W)
OS Microsoft「Windows 10 HOME 64bit」

1GbE LANとなるインテル「I350-T2」を搭載した際は、シーケンシャルリード・ライトともに118MB/sec前後になる

 2.5GbE LAN接続時は、USB 2.5GbE LANアダプターを含めて、スンナリと1GbEの2.5倍となる290MB/sec台のアクセス速度を発揮しているのが、以下の結果からわかる。

CrystalDiskMark実行中のタスクマネージャー。2.5Gbpsの転送速度を発揮している

TUF GAMING B550-PLUSオンボード2.5GbE LANの結果

NB-RT-8125-Sv2の結果

Mr.JACK(SD-PE25GLAN-1L)の結果

Bakusoku Johnson(SD-UC25GLAN)の結果

USB-LAN2500Rの結果

UGREEN製アダプターの結果

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中