このページの本文へ

すき焼きとステーキが同時にできる、1台2役なホットプレート

2020年08月13日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2枚の独立したホットプレートを備えた「よくばりホットプレート」がサンコーから発売。サンコーレアモノショップ秋葉原総本店にて5980円で販売中だ。

卓上で調理してそのまま食べることもできる、ダブル仕様なホットプレートがサンコーから発売された

 並んだ2枚のプレートで同時に調理できてしまうユニーク調理器具。深型(幅123×奥行き193×深さ60mm)と浅型(深さ20mm)の“Wプレート”を備える点が珍しく、深型で煮込み料理、浅型で焼料理といった、性格の異なる調理を同時にこなすことができる。すき焼きとステーキを一緒に調理することも可能というワケだ。

 それぞれのプレートは独立した電源・火力調整が可能で、スイッチを入れればすぐに加熱開始。コンパクトながら、ガス調理のフライパンに匹敵する最大約230℃の火力を出すことができる。なお、火力は強火(230℃)と弱火(200℃)の2段階調整が可能だ。

単にプレートが2つあるだけでなく、深さが違う点がトピック。電源や火力調整も独立している

煮込み料理と焼料理を同時にこなすといった使い方が可能。料理の時短にも繋がるぞ

 プレート部は焦げ付きにくく手入れがしやすいフッ素加工で、中が見えるガラス蓋付き。ただしプレート自体を取り外すことができないため、使用後はキッチンペーパーなどで拭き取ることで手入れすることになる。本体サイズは幅342×奥行き230×高さ143mm、重さ約1.5kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン