このページの本文へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析 第103回

アップル「CarKey」と高級車メーカーの不都合な関係

2020年07月09日 09時00分更新

文● 松村太郎 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●CarKeyの仕組み

 アップルはCarPlayの機能拡充とともに、新しい「CarKey」を発表しました。この機能は、iPhone XS/XR以降、Apple Watch Series 5といったモバイル・ウェアラブルデバイスをクルマのカギとして、解錠・施錠、エンジンのスタートに利用できるようにする仕組みです。

 サンプルとして2021年モデル(2020年モデル)のBMW 5シリーズが挙げられていましたが、BMWは「BMW Digital Key」として、全車種での対応をうたっています

 2020年7月以降に組み立てられる1、2、3、4、5、6、8、X5、X6,X7、M5、M8、X5M、X6Mの各モデルと、iOS 13.6を導入するiPhone XR、XS、11、11 Pro、SE2、watchOS 6.2.8を導入したApple Watch Series 5で、デジタルキーの体験ができるようになるそうです。

 BMWデジタルキーを利用するには、BMWアプリでBMW IDをセットアップして、初期登録をします。

 NFC対応車種のカギをiPhoneやApple WatchのWalletアプリに入れ、iPhoneをかざすとクルマのカギを開けることができ、NFCパッドの上にiPhoneを載せてエンジンを始動できるようにしました。

 Walletに入るということは、Face IDで本人認証が取れている場合、あるいはApple Watchのパスコードでロック解除されている場合にのみ動作します。これは誰でも操作できるクルマのカギよりもセキュアと言えます。

 CarKeyはNFCベースでクルマと通信するため、インターネット接続が必ずしも必要ありません。例えば地下駐車場や人里離れた森の中など、電波が届かない場所でも利用できます。

 加えて、iPhoneの電池がなくなってから5時間は、予備電源を用いて解錠できます。電池切れでクルマから閉め出されることはなく、おそらくクルマの中の充電器で予備電源状態を脱することができるはずです。

 iPhoneにクルマのカギが入るだけでも、持ち物をiPhoneだけに限定できる点で非常に魅力的です。しかし、それだけではありません。

 自分のiPhoneに入ったCarKeyは、メッセージで家族や友人にコピーを送ることができるようになります。デジタルキーの最大数は5つで、有効期限などの制限をかけることもできます。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中