このページの本文へ

「Facebookショップ」、国内で提供開始

2020年06月16日 16時45分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Facebookは6月16日、「Facebookショップ」を国内で提供開始した。

 Facebookショップは、カスタマイズ可能なオンラインショップを無料で作成できるサービスで、同社が提供するさまざまななアプリで公開できる。ビジネスは自社のカタログからおすすめの商品を選んでコレクションを作成、画面の色を変更してショップの雰囲気をブランドイメージに合わせて表現できる。自社の規模や予算に関係なくオンライン事業を始めることが可能。

 ショップ利用者は、ビジネスのFacebookページやInstagramのビジネスプロフィール、またストーリーズや広告からFacebookショップにアクセス。コレクションを見て興味のある商品の保存・注文が可能。日本におけるサービスでは、注文するとビジネスが保有するアプリ外のウェブサイトに遷移して商品を購入する。

 実店舗で店員に声をかけるのと同様に質問したりサポートを受けたり、配達の追跡のためにWhatsAppやMessenger、Instagramダイレクトを活用してメッセージをやりとりできる。将来的にはWhatsAppやMessenger、Instagramダイレクトのチャット内でビジネスのショップを見て購入できるようにするという。

 同社では、今後数ヵ月かけてより多くのビジネスや利用者に利用できるように展開するとしている。すでにFacebookページショップやInstagramのショッピング機能を利用しているビジネスは自動的にショップに移行し、メールやアプリ内の通知を受け取り次第、コマースマネージャーを通じてショップの外観をカスタマイズしたり、商品を整理してコレクション作成できるようになる。各種条件を満たし、同社による審査で承認されれば無料でショップを作成できる。

 Instagramショップにおいては今年夏から米国でInstagramの発見タブに「Instagramショップ」を導入。現在のFacebookおよびInstagramでテスト中の「ライブショッピング機能」では、各種企業のライブ配信前にカタログから商品をタグ付けできるようになる。さらに、地元のカフェのポイント券のようなロイヤリティプログラムをFacebookアカウントと連携する方法もテスト中しており、中小ビジネスがFacebookショップでロイヤリティプログラムを作成・管理・公開する方法も検討しているという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン