• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ロボットアクションシューティング『テグザー』の続編!

『ファイアーホーク(MSX2版)』が「プロジェクトEGG」でリリース

2020年05月26日 17時00分更新

文● ASCII

 レトロゲーム関連の復刻・配信ビジネスなどを行なっているD4エンタープライズは5月26日、同社が運営するレトロゲーム配信サービス「プロジェクトEGG」にて、新規コンテンツ『ファイアーホーク(MSX2版)』をリリースした。価格は、440円(6月8日までのキャンペーン価格。終了後は、770円での配信となる)。

以下、リリースを引用

テグザーの後継作「ファイアーホーク」を駆り
未知の惑星ネディアムを破壊せよ!

 宇宙暦089年、地球人類による宇宙開発は、太陽系全域へと拡がりつつあった。すでに月面には6個の大規模な都市、ラグランジュポイントには三千万人級のスペースコロニー12基が建設中であり、火星ではチタニウム鉱山が操業開始寸前であった。

 人類を宇宙開発に駆り立てた原因は、一年間で億を越す人口の増加だった。地球の自然環境はパンク寸前で、エネルギー不足も深刻な問題とあった。

 そのような状況の中で、世界の人類はやっと一致団結し、崩壊に立ち向かった。UNSDO(アンスドウ=統合宇宙開発機構)が創設され、旧国連宇宙軍の装備と人材を使って、急ピッチで宇宙開発を始めたのである。

 しかし、宇宙開発を進めるうえで大きな問題が一つあった。宇宙空間での開発作業に従事できる、汎用性の高い作業機が存在しなかったのである。

 それまでにあったのは軍拡競争のために生み出された宇宙戦闘機ばかりで、純粋に宇宙開発を考えて作られた機体は存在しなかったのである。

 そこで統合宇宙兵器開発船であったUDSW-0322レイピナにおいて宇宙空間で効率的に作業でき、かつ衛星間程度の移動能力を持った機体を開発することが決定した。

 そして、1年後レイピナの艦内工場で完成したのがハイパーデュアルアーマー、テグザー(THEXDER)である……。

 本作は、1985年にリリースされた『テグザー』の続編として、1989年にリリースされたアクションシューティングゲーム。テグザーによる惑星ネディアム攻略の後日譚を描いており、今回は再び現れた惑星ネディアムを破壊するため、テグザーの後継機であるファイアーホークが活躍するストーリーとなっています。

 ゲームは前作と同様にサイドビューで構成。プレイヤーはロボット形態と戦闘機形態の二つに変形できるファイアーホークを駆って、全6ステージを舞台に激しい戦いを繰り広げることになります。

 今回は主人公の機体がテグザーからファイアーホークとなり、装備もパワーアップ。追尾レーザーとバリアーに加え、追尾ミサイルや6種類のサブウェポンが装備可能になったことで、多彩な攻撃が可能になりました。ステージの最後にはボスキャラが登場するなどの演出もあり、前作以上に激しい戦いが楽しめます。なお、今回は謎解き(情報収集)などの要素もあり、ストーリー演出の面もパワーアップしています。

 ゲームの難度は非常に高めとなっており、特にエネルギーのマネジメントがゲームの攻略のカギと言える本作。テンキーさばきに自信のある方はぜひチャレンジしてほしい、骨太なアクションゲームです。

EGGチャンネルにて紹介動画公開中!

【ゲーム情報】

タイトル:ファイアーホーク(MSX2版)
ジャンル:アクションシューティング
メーカー:ゲームアーツ
プラットフォーム:PC
配信日:配信中(2020年5月26日)
価格:440円
※6月8日までのキャンペーン終了後は770円での配信となります

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう