このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信 第122回

大画面ノートPCや完全ワイヤレスイヤホンなどで在宅勤務のための環境を整えよう

ノートPC、ルーター、イヤホン、ファーウェイ製品フル活用で快適テレワーク!

2020年05月13日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 多彩なジャンルに渡るファーウェイ製品を詳しくレビューしている「ファーウェイ通信」。今回は社会に急速に広がりつつあるテレワークの環境をずっと快適なものにしてくれる! という観点からファーウェイ製品を紹介していこう。

コロナ後も広がっていくことは確実な自宅でのテレワーク。そのテレワークを充実したものにしてくれる機器を今回紹介する

約15.6型の大画面で自宅作業の効率をアップ!
性能も価格も両方魅力的なノートPC「HUAWEI MateBook D 15」

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐべく、外出自粛の要請が行なわれ、自宅でのテレワーク中心とした働き方への変革が求められている。筆者だけでなく、ASCII編集部も同様で、4月以降は自宅での作業が続いている状態だ。しかしオフィスで仕事をするのとは違って、自宅では効率が上がらずに苦戦している人もいることだろう。やはり集中して仕事をするには、機材への投資もある程度必要なのだ。

 そこで今回は、ノートPCやルーター、完全ワイヤレスイヤホンなどのファーウェイ製品を利用して、在宅勤務のための快適な環境を整える方法を紹介していく。

 まず最初に取り上げるのは大画面ノートPCの「HUAWEI MateBook D 15」だ。

大画面ノートでありながら、比較的軽量でしかもパワフル、そしてコスパにも優れる「HUAWEI MateBook D 15」

 最近はスマホやタブレットでこなせる業務も増えてきているが、やはり本格的な作業ではPCは欠かせない。しかも性能や機能が十分でないと、効率は上がってこない。しかし、HUAWEI MateBook D 15は税抜6万円台からの価格でありながら、AMD Ryzenシリーズによる高い性能と大画面ディスプレーを備えるなど、抜群のコストパフォーマンスが売りのモデルだ。

 HUAWEI MateBook D 15の特長としてまず挙げられるのは、約15.6型のフルビューディスプレー。解像度は1920×1080ドットと高精細で178度の広視野角。広々としたデスクトップが表計算ソフトなどにも適しており、仕事の効率を上げてくれる。またプライベートでは、動画配信サービスなどのエンタメを楽しむのにも活躍してくれる。

ディスプレーの額縁が細く、表示域が広いのも本機の特長

 処理性能も非常に高い。HUAWEI MateBook D 15は、CPUにAMD Ryzen 7 3700U(2.3GHz、最大4GHz)またはAMD Ryzen 5 3500U(2.1GHz、最大3.7GHz)を搭載。グラフィックスもCPUに内蔵した高性能なAMD Radeon Vegaシリーズで、ビジネス文書の作成やウェブでの調べ物といった通常の作業のほか、クリエイティブワークもこなせるスペックだ。また、シャークフィン付きのファンにより効率的な放熱と静音性も実現している。

グラフィックを含めた処理性能の高さが売りのAMD Ryzenシリーズを採用している

 在宅勤務に切り替えたことで、ビデオ会議に参加する頻度が上がったという人も多いだろう。HUAWEI MateBook D 15のウェブカメラは、ファンクションキーの並びにある専用のキーに組み込まれており、これを押すことで飛び出す仕組みになっている。使わない時は収納することでハード的に完全に閉じてしまうので、プライバシーやセキュリティーの面でも安心だ。

キー部分からポップアップして現われるカメラ。使わないときは完全に閉じておける

 本体の厚みが約16.9mm、重量は約1.53kgと、実用性重視のマシンとしては比較的薄型軽量な本体も特長だ。在宅勤務では、こまめに気分転換をして集中力を持続させる工夫が必要。作業場所を変えて気分転換を図るのに、HUAWEI MateBook D 15の持ち運びのしやすさはメリットになる。また、収納時に場所をとらないのもポイントだ。

実用ノートでありながら、約16.9mmという薄型筐体も魅力の1つ。Type-AのUSB端子が3つにHDMIとインターフェース類も充実

 筆者の周りには、職場からPCを持ち出すことが許されておらず、自宅で仕事をする私物PCが古いために作業がはかどらないという人も少なくない。また、そもそも私物PCを持っていないという人もいる。大型の約15.6型ノートでありながら薄型軽量で、しかも税抜6万円台からという価格のHUAWEI MateBook D 15は、自宅用のノートPCとして、非常に有力な選択肢となる1台だろう。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事