前へ 1 2 3 次へ

マイクロン初のポータブルSSDを大活用

爆速外付けSSD「Crucial X8 Portable SSD」でPS4 Proのゲーム生活はガラリと変わる!

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 外付けSSDというと、2.5インチドライブを内蔵したタイプを想像するだろう。しかし、ゲーム機やPCに内蔵するならまだしも、外付けドライブとして持ち運ぶことを考えたら、何も2.5インチドライブにこだわる必要はない。中身はNANDなのだから、もっとスリムで持ち運びやすいデザインにすべきだ。

 マイクロンの「Crucial X8 Portable SSD」は、そんなユーザーの心からの叫びに応えた製品だ。スリムなボディーにしただけでなく、USB 3.2 Gen2接続なら最大1050MB/sの読み込み速度を実現。2.5インチドライブのタイプに比べれば倍の速度を実現した製品なのである。

 今回はそんな製品を使って、PS4やPCで溜まりに溜まったゲームを本製品へ逃し、快適なゲーム生活を送る術を伝授したいと思う。

マイクロン「Crucial X8 Portable SSD」。スリムで持ちやすいデザイン。

Crucialブランド初のポータブルSSD

 マイクロンと言えば、大手メモリーメーカーであり、DRAMもNANDも製造している数少ないメーカーだ。今回紹介する「Crucial」は、コンシューマー向けのブランドで、長年メモリーやSSDを数多く排出してきた老舗中の老舗。売れ筋SSDモデル「MX500」は、現在13世代目となってる。

 「Crucial X8 Portable SSD」は、Crucialとして初のポータブルSSDで、USB 3.2 Gen2接続なら、最大1050MB/sのシーケンシャルリードという爆速モデル。ボディーはアルミを採用し、2mの高さから落としても大丈夫な堅牢性を確保。サイズは110×53×11.5mmと薄く細長いため、ポケットにも入れやすく持ち運びやすいデザインになっている。

USB Type-C端子を備えている。

 端子はUSB Type-Cで、USB Type-Cケーブルが付属。 USB Type-A接続用アダプターも同梱しているため、PS4などUSB Type-C端子を備えていない製品でもすぐに利用できる。容量は500GBと1TBを用意。ゲームの保存先として活用するなら、1TBタイプをおすすめする。

付属のケーブルは両端ともUSB Type-Cだが、USB Type-A接続用アダプターも同梱する。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
03月
04月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
2019年
09月
11月
2018年
01月
05月
10月
2016年
06月
09月
2015年
01月
02月
11月
2014年
03月
06月
2013年
04月