このページの本文へ

山根博士の海外モバイル通信 第484回

スマホシェア2大巨頭に迫れるか!? シャオミやOPPOが人気のバルセロナ家電量販店

2020年03月16日 10時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サムスンやファーウェイに
追いつき追い越せの2大メーカー

バルセロナの家電量販店で目立つOPPOとシャオミ

 世界のスマートフォン販売台数シェア上位のサムスン電子、ファーウェイ、アップルを追いかけるべく、中国の新興系メーカーは端末の販路を先進国にも広げています。MWC20の取材予定で訪問したバルセロナの家電量販店でも、シャオミやOPPOの存在感が目立っていました。

バルセロナの家電量販店、Fnacを訪問

 シャオミはスマートフォンだけでなく、スマートスクーターやスマートウォッチなども展開し、スマートライフを提供する企業としてのアピールにも余念がありません。スマートフォンは「Redmi note 7」などコスパ重視のモデルが人気があるようです。

シャオミの展示ブース。RedMiシリーズが人気

 一方、OPPOは2015年からサッカーのFCバルセロナとスポンサー契約を結んでおり、同年以降スマートフォンの限定モデルを販売しています。それもあって、OPPOの名前やロゴを知っているバルセロナ市民も多く、スマートフォンの展示コーナーに立ち寄って最新モデルをチェックする来客の姿も見られました。

OPPO Reno2などハイエンドモデルも展示するOPPO。知名度は高い

 さて、ほかのメーカーの状況を見てみると、意外なことにモトローラが目立つ位置に展示されていました。コスパ重視で日本でも発売になった「moto g8 plus」や21:9ディスプレーの「One Vision」など、お手頃価格のモデルを中心に展開しています。モトローラと言えば合体モジュールを取り付けられる「moto z」が顔となるモデルですが、通算1億台を売った「g」シリーズも実は根強い人気を誇っているのです。

モトローラのスマートフォンも目立つ位置に展示

 そういえば、お隣のポルトガル・リスボンでは逆にモトローラのスマートフォンは見かけず、隣国同士でもメーカーの人気に差があるのは興味深いところです。

21:9のワイドディスプレーを搭載するOne Vision

 それではこれらのメーカーを迎え撃つ大手2社はどんな展示をしているのでしょうか。サムスンは横折り式の「Galaxy Fold」を一番の目玉として展示していました。スペインではまだ「Galaxy Z Flip」は発売になっていないようですね。

Galaxy Foldは店内で一番目立つ位置に展示

 そして5Gが始まったスペインでは、Galaxy S20シリーズも最新機能の一つとして5G機能をアピールしていました。お店のスタッフに5Gのことを聞くと、サッカーなどのスポーツ中継が高画質な映像でどこでも見ることができるようになることに期待が高まっているそうです。

スペインも5Gサービスを展開中

 また、ヨーロッパ全般にいえることですが、ハイエンドモデルよりもミッドレンジやミッドハイレンジと言った、手の届きやすい価格で機能もそれなりに搭載されているモデルが大きな人気です。サムスンも2020年の新型Aシリーズとなる「Galaxy A51」「Galaxy A71」を展示していましたが、どちらも人気は高そうでした。

Galaxy A51(左)とGalaxy A71(右)

 一方のファーウェイは「HUAWEI P30 Pro」が一番人気。昨年秋に登場した新色も展示されていました。

HUAWEI P30 Proの新色。日本でも出してほしかった

 また、秋のフラッグシップモデルである「HUAWEI Mate 30 Pro」も当然販売されています。ただしGMS(Googleモバイルサービス)が不在なことから、来客者の多くはHUAWEI P30 Proのほうに興味があるようです。

GMSが乗っていれば大人気になったはずのHUAWEI Mate 30 Pro

 ほかには傘下ブランド「Honor」の最新モデル、「Honor 20」「Honor 20 lite」も展示。ファーウェイも下位モデルのラインナップは充実しており、OPPOやシャオミとしてはこのクラスの製品が強力なライバルとなりそうです。

Honorシリーズはファーウェイとは別のコーナーで展示

 ちなみにバルセロナ市内のお店の人などと雑談した時に使っているスマートフォンを聞いたところ、意外なことにシャオミが数名いました。シャオミやOPPOもじわじわと先進国で認知度を上げているようです。

 バルセロナを次に訪問するのは1年後になる予定ですが、その時に各メーカーの力関係がどのように変わっているのか、気になるところです。

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン