このページの本文へ

先端テックニュースまとめ読み from MITテクノロジーレビュー 第82回

宇宙史上最大の爆発を観測/フリーマン・ダイソン語録

2020年03月09日 09時00分更新

文● MITテクノロジーレビュー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

宇宙史上最大の爆発、へびつかい座銀河団で観測

天文学者らが、今まで宇宙で観測したことのない大規模な爆発を検出した。この大爆発は地球から3億9000万光年離れ、高温ガスとダークマター(暗黒物質)の入り混じった数千の個々の銀河で構成されるへびつかい座銀河団で起こった。

≫ 続きはこちら

巨星墜つ、フリーマン・ダイソン語録

20世紀の偉大な物理学者であるフリーマン・ダイソン博士が2月28日、96歳で死去した。科学、テクノロジーと世界の関係について広く執筆したダイソン博士の著作の中から、活気ある鋭敏な精神を垣間見ることができる文章をいくつか引用して紹介する。

≫ 続きはこちら

AI活用で「超」個別指導 中国の教育イノベーションは 世界を変えるか?

世界一のAI大国を目指す中国では、教育分野でもAIの導入が急速に進んでいる。「世界を狙う」エドテック企業も出てきた。

≫ 続きはこちら

新型コロナウイルスで米国初の「市中感染」、検査体制に限界

米国で、新型コロナウイルスが流行している地域への渡航歴がなく、感染者との接触も確認されていない患者が新型コロナウイルス感染症と診断されたと、米国疾病予防管理センター(CDC)が発表した。おそらく、国内初の「市中感染」例と思われる。

≫ 続きはこちら

新型コロナウイルス感染症、治療薬開発はどこまで進んでいるか?

中国の武漢で発生した新型コロナウイルスの感染は広がり続けており、パンデミック(世界的流行)になる可能性が出てきた。確実に効果が確認された治療法はまだ存在しないが、新型コロナウイルス感染症の患者に試されている有望な薬をいくつか紹介しよう。

≫ 続きはこちら

「ムーンラッシュ」に乗り遅れるな!注目の月ミッション17

宇宙開発と月探査は現在でも大きな名誉と栄光をもたらす事業であると考える人もいるかもしれない。しかし、今、起こりつつある「ムーンラッシュ」に参加している国や企業の多くは、月に埋蔵されている貴重な資源に、誰よりも先にたどり着くことを目的としている。

≫ 続きはこちら

グーグル、歩行方法を独力で学習する四足ロボットを開発

ロボットが現実世界で役に立つためには、物理的な環境において、人間の介入なしに移動することを自ら学習できなければならない。グーグルの研究チームは、強化学習アルゴリズムに手を入れることで、前後への歩行や左右に曲がることを、数時間以内に独力で学習する四足ロボットを開発した。

≫ 続きはこちら

新型コロナウイルス、 「人工合成」で研究加速に リスクはないか?

遺伝情報のみから新型コロナウイルスを研究室で人工合成する計画が米国で進んでいる。治療法の開発に役立つ可能性がある一方で、技術が悪用されるリスクはないか。

≫ 続きはこちら

MITテクノロジーレビューからのお知らせ

新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」を原因とする新型コロナウイルス感染症「COVID-19」が猛威を振るっている。MITテクノロジーレビュー[米国版]による関連記事をまとめた特集を公開中。

≫ 詳細はこちら

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ