このページの本文へ

Xbox Oneの4倍にあたる処理性能

マイクロソフト、次世代機「Xbox Series X」の概要を発表

2020年02月25日 19時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフトは2月24日(米国時間)付の公式ブログ投稿において、Xbox次世代モデル「Xbox Series X」の概要を発表した。

 AMD Zen 2とRDNA 2の最新アーキテクチャに基づき、マイクロソフトがカスタム開発したプロセッサを搭載し、処理性能はXbox Oneの4倍にあたるという。12TFLOPSという高いGPU性能に加え、画面に表示されるオブジェクトに優先順位を付けて描画するVariable Rate Shading技術を搭載。

 次世代のSSDによるロード時間の短縮、ゲームを中断してもロード時間で待つことなく復帰できるQuick Resume機能、コントローラーからの入力遅延を抑えるDynamic Latency Inputなどの機能を搭載。映像出力はHDMI 2.1、VRなどへの対応するほか120fps出力もサポート。

 従来機(Xbox 360、Xbox)との互換性を持ち従来ゲームをプレーできるほか、ゲームを一度購入すればXbox OneでもXbox Series Xでも機種にあわせて自動的に適切なバージョンがダウンロードされるSmart Deliveryを提供する。

 Microsoftでは、E3に向けてさらに情報を公開していくとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ