このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

佐々木喜洋のポータブルオーディオトレンド 第5回

FAudio Scaleのクラファン大成功、資金調達からマーケティングの場に

イヤホン分野で増える、クラウドファンディング活用

2020年02月03日 13時00分更新

文● 佐々木喜洋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クラウドファンディングはもともと資金力のないスタートアップ企業が開発費を補充する目的で行われるものだが、イヤホンやポータブルオーディオでは、すでに力のあるメーカーが開催する場合も多いので、先行販売的な側面(マーケティング的な側面)が強くなる。

 例えば、Scaleは、今春発売予定のイヤホンなので、この機会を逃すと買えなくなるわけではないが、早期の支援により20%や30%の割引価格になる点がメリットだった。この場合、プロジェクトが成立しないといった、支援に伴うリスクが少ないので、支援する側も安心して参加ができる。メーカーにとっては、先行した話題作りができるというメリットもある。

 クラウドファンディングは店頭でもオンライン販売でもない、新たなオーディオ製品の入手方法となってきたと言えるかもしれない。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン