このページの本文へ

先端テックニュースまとめ読み from MITテクノロジーレビュー第74回

2020年注目の宇宙プロジェクト/テスラのライバルが狙うポジション

2020年01月14日 14時00分更新

文● MITテクノロジーレビュー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

世界最先端のテクノロジー情報をお届けするグローバルメディア「MITテクノロジーレビュー」から、ビジネスに役立つ注目のテック企業の最新動向、イノベーションにつながる最新の研究内容をピックアップして紹介します。

観測史上最も強力なガンマ線バースト、発生源は45億光年彼方

かつて想像もしなかったほど強力なガンマ線バーストが観測された。これらのガンマ線バーストはそれぞれ、45億光年および60億光年の彼方に発生源があると考えられ、何十億年も前に宇宙の彼方で何が起こっていたのか、より明らかにするのに役立つだろう。

≫ 続きはこちら

オリオン座のベテルギウスが急速に減光、超新星爆発の兆候か

「冬の大三角形」の一角を占める一等星のベテルギウスが、昨年10月から約2.5倍も暗くなっていることが観測された。超新星爆発(スーパーノバ)を起こす恒星は、その寿命の最後に温度が下がり、膨張することが分かっているため、ベテルギウスは間もなく超新星爆発を起こすのではないかと考えられている。

≫ 続きはこちら

アルテミスから嫦娥5号まで 2020年に注目の 宇宙プロジェクト7つ

2020年は宇宙関係者にとって2019年に負けず劣らず忙しい年になりそうだ。MITテクノロジーレビューが2020年に注目する7つのミッション/プロジェクトを紹介しよう。

≫ 続きはこちら

「遺伝子編集ベビー」問題、中国人科学者に懲役3年の実刑判決

世界初の遺伝子編集ベビーを誕生させたと発表して物議を醸した中国人科学者に対して実刑判決が下された。

≫ 続きはこちら

顕在化した「AI倫理」問題 2020年は行動の年に

2019年はかつてないほど、人工知能(AI)の倫理的問題に関する話題が多い年であった。その取り組みはまだ緒に就いたばかりだ。

≫ 続きはこちら

テスラのライバル「リヴィアン」が狙うMSポジション

「テスラのライバル」と目されるスタートアップ企業のリヴィアンは2019年におよそ30億ドルの資金を調達した。すでに数十万台の電気自動車を実際に走らせているテスラに対して、まだ1台も出荷してない同社がなぜ注目されているのか。

≫ 続きはこちら

オーストラリアの森林火災、NASA衛星画像が捉えたその被害規模

この数十年で最悪の森林火災が数カ月間に渡ってオーストラリア全土でいくつも発生し、高温、乾燥、強風といった気象条件と地球温暖化によって状況は悪化している。2018年に米国カリフォルニア州で発生した火災では約8000平方キロメートルの森林が焼失したが、今回のオーストラリアの火災では現時点で約6万平方キロメートルもの土地が焼けた。だが、この火災の本当の規模を視覚的に捉えるなら、宇宙から見ることが重要だ。1月4日に撮影された米国航空宇宙局(NASA)の画像には、オーストラリア東岸から立ち昇る煙が写っている。

≫ 続きはこちら

止まぬランサムウェア攻撃、米国の年間被害額は75億ドル以上か

2019年はまたしてもランサムウェアの「当たり年」となった。ランサムウェアはコンピューター・システムがハッカーに乗っ取られ、身代金を支払うまで利用できなくなる、極めて収益性の高いサイバー攻撃だ。

≫ 続きはこちら

締め切り迫る!MITテクノロジーレビューからのキャンペーンのお知らせ

新規購読時にクーポンコードを入力すると、年額14,800円が5000円オフになる特別キャンペーンを実施中。購読中止まで年額9,800円(税抜)でご利用いただけます。年払いプランのみ有効。2020年1月16日 23:59までの期間限定です。この機会をお見逃しなく。

≫ 詳細はこちら

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ