このページの本文へ

マイクロソフト、障がい者でもゲームを楽しめるコントローラー発売

2020年01月09日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本マイクロソフトは1月9日から、オンラインストア「Microsoft Store」において、障がいのある人でも自由にゲームを楽しめるとうたう、コントローラー「Xbox Adaptive Controller」を数量限定で発売したと発表。価格は1万978円。

 通常のゲームコントローラーを使いにくい人が、大きなボタンをゲームコントローラーのAボタンの代わりにできる。足で踏むタイプのスイッチや息を吹きかけるタイプのスイッチを、ゲームコントローラーのボタンに割り当てて、ゲームをすることも可能。外付けのスイッチ、ボタン、マウント、ジョイスティックと接続して、Xbox One本体やWindows 10搭載パソコンにアクセスしやすくできる。

 マイクロソフトは今後も、ゲーム体験をすべての人へ提供できるように活動を継続するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ