このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析 第73回

さらなる新色も開発か:

アップルiPhone来年どう変わる

2019年12月18日 09時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●ティム・クックの一言

 2019年12月に日本を訪れていたアップルのCEO、ティム・クック氏。12月10日、iPhone 11 Pro向けの塗料を製造するセイコーアドバンスの視察に同行しましたが、同社のカラーサンプルを眺めながら、その場で「来年はもっと楽しみだね」と一言。

 もちろんフランクな会話の中での話でしたが、また新しい色のiPhoneが登場することになるのではないか、という憶測をしてしまっています。

 クック氏は他のテクノロジーと同様に「色もイノベーションが必要」という認識を示しています。服を選べるように、自己表現にもなる好きな色のiPhoneが選べるようになるべきで、そのための技術開発の必要性を強調したのです。

 現在のiPhoneは十分カラフルといえます。iPhone 11はiPhone XRとは異なる雰囲気で、それぞれ6色選ぶことができます。またiPhone 11 Proはシルバー、スペースグレー、ゴールドに加え、ミッドナイトグリーンという新色が登場しました。iPhone Xの頃は2色だったので、ハイエンドモデルで年々1色ずつ増加しているのが現状です。

 さらなる新しい色の模索が、アップルとセイコーアドバンスの間で続いているとすれば、2020年モデルの新色も期待でき、クック氏の言葉がその裏付けになるのかもしれません。

 その一方、2020年モデルのiPhoneの背面が、これまでのようなガラスのままかどうかはまだ分かりません。iPad Proはアップルロゴ以外はアルミニウムのケースで覆われています。iPhoneがこの意匠で行くなら、ガラスにプリントされた美しい新色は実現しないことになります。

 と、今あるピースで来年のiPhoneを考えてみると、ディスプレイ周りの構成やサイズの変更があるかもしれませんが、iPhoneという存在そのものが大きな変化になるわけではなさそうです。ただ、例年、新製品の予測精度は高まっており、しかし特に今年はカメラ周りで驚きを与えてくれました。このあたりをもう少し掘り下げていければ、と思います。


筆者紹介――松村太郎

  1980年生まれ。ジャーナリスト・著者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。またビジネス・ブレークスルー大学で教鞭を執る。モバイル・ソーシャルのテクノロジーとライフスタイルについて取材活動をする傍ら、キャスタリア株式会社で、「ソーシャルラーニング」のプラットフォーム開発を行なっている。

公式ブログ TAROSITE.NET
Twitterアカウント @taromatsumura

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン