このページの本文へ

音にうるさいストリーマー“RAD”みみっち氏が騒音検証に同行して確認!

静音PC「Silent Master NEO」は電源が入っていることすら気づかないレベル!

2019年11月23日 11時00分更新

文● 宮里圭介 ●編集 ジサトラカクッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Core i9-9900K搭載モデルで「Silent Master NEO Z390」の実力チェック!

 騒音検証に使った構成の「Silent Master NEO Z390」を借りることができたため、この構成でどのくらいの性能となるのかをベンチマークソフトを使い、簡単にチェックしてみよう。

 試用したのは標準構成からCPUをCore i9-9900K、メモリーを8GB×2へと変更したものだ。

試用機の主なスペック
CPU Core i9-9900K
CPUクーラー Noctua NH-U12S
マザーボード ASRock Z390 Pro4
メモリー 16GB(8GB×2、DDR4-2666)
SSD 500GB(Crucial CT500MX500SSD1)
グラフィックス GeForce GTX1660 6GB(GIGABYTE「GV-N1660OC-6GD」)
光学ドライブ ASUS DRW-24D5MT
PCケース CoolerMaster Silencio S600(プラス前面ファン 「Noctua NF-A14 FLX」、背面ファン 「Noctua NF-S12A FLX」)
電源ユニット CoolerMaster V650 Gold「MPY-6501-AFAAGV-JP」(650W 80PLUS GOLD)
OS Windows10 Home(64bit)DSP版

 まずはPCの内部をチェック。裏配線が多用されていること、そして今時のケースらしく電源部がカバーされているため、ケース内は非常にすっきりとしている。フロントの14cmファンから取り入れられた冷たい外気はCPUとビデオカードへと届き、各パーツがしっかり冷却されるような配置となっている。

ケース内は配線が最小限となっており、すっきりとしている。大きなサイドフローのCPUクーラーから出た熱は、リアのケースファンで素早く排出される

 もちろんPCとしての使い勝手もよく、フロントインターフェースはアクセスしやすい天板側に装備。電源スイッチやリセットボタン、USB×2、音声出力、SDカードスロットなどが用意されている。

インターフェースは天板に集中。足元などの低い位置にPCを置いた場合に、使いやすい位置にある

 CPU性能チェックには、CGレンダリング速度からCPU性能を計測する定番の「CINEBENCH R20」、そしてゲーミング性能チェックには、こちらも定番となる「漆黒のヴィランズ ベンチマーク - ファイナルファンタジーXIV」(FF14ベンチ)と「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」(FF15ベンチ)を使用した。それぞれの結果は、以下の通りだ。

「CINEBENCH R20」のスコアは4940ptsと若干高めな結果となった。静音PCでも性能はしっかりと出ている

「HWiNFO」を使い、「CPU Package」温度をチェック。温度はかなり高くなってしまうものの、動作クロックが低下するほどではなかった

 「CINEBENCH R20」はCPUに高い負荷がかかるテストとなるだけに、冷却性能が間に合わなければスコアは落ちてしまう。一番心配していた部分だが、スコアは4940ptsで他のCore i9-9900K搭載機と比べ見劣りしないどころか、若干上回る結果となっていた。静音PCだからといって、性能が低くなるといった心配は無用なようだ。

 ただし、CINEBENCH R20実行中のCPU温度をチェックしてみると最大で99℃まで上昇しており、余裕はないようだった。動画エンコードなど、高負荷が長時間続くような用途で使うのであれば、静音性は多少犠牲になってしまうが、UEFIのファン設定をSilent以外に変更する方が動作クロックが低下する心配はなくなるだろう。

FF14ベンチのスコアは14181で、「非常に快適」という評価。GeForce GTX 1660であれば軽量ゲームは余裕でこなせる

 FF14ベンチは「フルHD(1920×1080ドット)」「最高品質」という設定で試したが、動作に不安な要素はなく、スコアもしっかりと高い。軽量ゲームであれば、文句なく快適に遊べるレベルだ。動作中の騒音も非常に小さく、フロントパネルをあけて耳を近づけるとわかる程度しかなかった。

FF14よりも重たいテストとなるFF15ベンチでは、スコアは6068。評価は「快適」となっているが、シーンによっては重たい部分も出てきそうだ

 FF15ベンチは「フルHD(1920×1080ドット)」「高品質」でテスト。ビデオカードがGeForce GTX 1660となるため、スコアは6068とあまり高くないものの、十分遊べるレベルといえる。FF15ベンチはゲームの中では比較的重量級となるだけに、「Silent Master NEO」はゲーミングPCとしても十分活躍できるだけの性能があるといえるだろう。

カテゴリートップへ