このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

「VAIO、法人向く。」の現在を探る 第48回

あと2ヵ月に迫った延長サポートが終了する前に取るべき行動とは

Windows 7 EOS間近! いまやるべきWindows 10への移行のキモ

2019年11月11日 09時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

VAIOならWindows 10マシンに求める要素を兼ね備えたモデルを用意

 VAIOは、5年前にソニーから分離された以降、法人市場へ目を向け、企業の要望を反映しつつ、ソニー時代のコンシューマーから支持されたデザインや使い勝手を受け継いできた。現在はモバイルマシンを中心に、11.6インチから15.6インチまで、用途に合わせたモデルを多数ラインアップしている。

VAIOのラインアップ。液晶サイズの違いだけでなく、ユーザーのニーズに合わせた設計で、2in1マシンも用意されている

 特に最新モデルである「VAIO Pro PJ」は、モバイルマシンではいちばんの売れ線である12.5インチ液晶を搭載し、サイズは従来の11.6インチ液晶を搭載した「VAIO Pro PF」とほとんど変わらない。それでいて、キーピッチは19mmを確保し、静寂性の高いキーボードと、チルトアップヒンジによりキーボード面に適度な傾斜が付き、タイピングしやすいなど、作業効率を考えた快適性を追求している。

「VAIO Pro PJ」は12.5インチ液晶を搭載し、重量は900gを切る

 パフォーマンス面も、「VAIO TruePerformance」により通常のCPU動作よりワンランク上の速度を実現。内蔵ストレージもNVMe接続の高速M.2 SSDを選択でき、これまでWindows 7で使ってきたマシンと比較したら、Windowsやアプリの起動時間は劇的に速くなっている。このハイパフォーマンスが、生産性アップを支える要となる。

 ほとんどのモデルでLTEモジュールを搭載可能なのもVAIOが働き方改革に積極的に取り組んでいるポイント。他社が導入に躊躇していた時期から搭載してきた技術力は、安心感にもつながるはずだ。

モバイルワークを視野に入れているなら、LTEモジュール搭載は真剣に検討したほうがいい

 もちろん、セキュリティー対策も考えられており、指紋認証はもちろん、遠隔操作によりストレージを消去する「TRUST DELETE Biz for VAIO PC」や、外出先からもセキュアに共有した資料を閲覧できる「moreNOTE」といった各種ソリューションサービスも用意。導入時のめんどうな初期設定を任せられるキッティングサービスも充実しており、導入時の障壁がかなり低いというのも、企業に喜ばれているポイントだ。

 Windows 7の拡張サポート終了という話でWindows 10への乗り換え話をしてきたが、実はビジネスで必須となっているOfficeアプリも、Windows同様にサポート終了期限がある。2017年に「Office 2007」が延長サポートを終了したのが記憶に新しいが、「Office 2010」も2020年10月13日に延長サポートが終了する。

WindowsだけでなくOfficeのサポート終了期限は、マイクロソフトのサイトで公開されている

 マシンを購入するなら、「Office 2019」も合わせて導入するというのも1つの手。それなら、従来と同様使い勝手はほとんど変わらずに使い続けられるはずだ。ただ、モバイルワークのことを考えると、マイクロソフトが推奨する「Office 365」へ切り替えるチャンスかもしれない。

 「Office 365」は月額定額制(サブスクリプション)サービス。3年間使い続けて「Office 2019」と同額になる程度の金額設定で、これまで3年に1度発売してきたOfficeシリーズを毎回買い替えていくのと変わらない予算で利用できる。その上、常に最新版へ更新され、ウェブ上でもアプリと同等の作業が可能で、1TBのクラウドストレージ「OneDrive」も利用できるなど、「Office 2019」以上の使い勝手を提供してくれる。モバイルワークを考えたら、Office 365へ切り替えたほうが生産性はアップするはずだ。

「Office 365」のExcel画面。「Office 2019」も、メニューまわりのデザインは若干違うものの、使い勝手は変わらない。ただ、Office 365の方は随時新機能が追加されており、使い勝手は向上していく

 このように、働き方改革を考慮してWindows 10への乗り換えを考えたら、新規にマシンを導入したほうがベスト。予算の都合もあるかもしれないが、これから数年使い続けることを考えると、作業効率の良いマシンを導入したほうが、そのぶん生産性がアップし、マシン導入にかかった費用を上回る効果が得られるはずだ。

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ