このページの本文へ

「VAIO、法人向く。」の現在を探る 第48回

あと2ヵ月に迫った延長サポートが終了する前に取るべき行動とは

Windows 7 EOS間近! いまやるべきWindows 10への移行のキモ

2019年11月11日 09時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows 7はもう10年選手、Windows 10へ移行すべき

 そもそも、Windows 7が登場したのは2009年10月22日。かれこれ10年以上経っていることになる。2012年10月にはWindows 8、翌年にはWindows 8.1が登場したが、スタートメニューが廃止されたことで、UIへの不満からかWindows 7からの移行が進まず、企業の多くがWindows 7を長く利用することになってしまった。

Windows 7の画面。すでにWindows 10を見慣れてしまっていると洗練さにかけた印象がある

 2015年にWindows 10が登場し、ようやくUI問題は払拭されたが、その間にマシンリプレイスを行い、Windows 7を再び導入した企業も少なくなく、Windows 8のときほどではないものの、やはり即移行というわけにはいかなかった。

 そして数年経ってOSも安定し、Windows 7で使っていた作業環境もWindows 10へ移行できると確認できた企業から、順次マシンリプレイスを開始し延長サポート終了までにWindows 10への移行完了を目指しているところが多い。

 Windows XPが延長サポート終了するときにも、早く移行しようと口が酸っぱくなるほど叫ばれていたが、サポートが終了するということは、不具合が生じてもサポートしてくれないというだけでなく、脆弱性が発見されたとしても、それを改善することをしないということ。つまり、セキュリティーホールが開いたままの状態となり、ウイルスやマルウェアなど、悪意のある人たちによって攻撃されても防げなくなる。機密情報が漏れるようなことがあれば、信頼が失われかねない。それは、企業や個人事業主にとって大打撃なことである。

 一部セキュリティー対策ソフトは、延長サポートが終了してもしばらくサポートすることを表明し、これにより外部からの攻撃を防いでくれるかもしれない。とは言え、いつまでサポートするかはわからない。需要が少なくなれば即打ち切られることもあるだろう。また、そのためにセキュリティー対策ソフトを乗り換えるというのもナンセンスな話だ。

 では、どうすればいいのだろうか。Windows 7マシンがどのくらいあり、予算がどれだけ取れるかにもよるかもしれないが、手は2つある。1つは、Windows 10のOSを購入してアップグレードする方法、もう1つが、新規にWindows 10マシンを購入することである。

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ