このページの本文へ

前作のヒーロー、マップ、モード、既存の実績やアイテムはすべて引き継がれる

「オーバーウォッチ 2」では磨きがかかったPvPやさらに深いストーリーが楽しめる

2019年11月04日 21時00分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「オーバーウォッチ 2」

 Blizzard Entertainmentは11月1日、BlizzCon 2019でチームアクション・シューター「オーバーウォッチ 2」を発表した。PC/Nintendo Switch/PlayStation 4/Xbox One版を発売予定で、発売日は後報となっている。パワーアップした本作では、オーバーウォッチの世界観とストーリーをさらに深く楽しめるようになり、PvP対戦にもさらなる磨きがかけられているという。


 ストーリー任務では、ウィンストンやトレーサーなど従来のメンバーに新世代のヒーローが加わり、新生オーバーウォッチの誕生の物語を体験できる。壮大な物語の中に踏み入り、4人協力プレーの任務に挑んで、新たな世界的危機に立ち向かう。異なるヒーローたちとチームを組んでストーリーを進めながら、オムニックの舞台であるヌルセクターから世界を守るために戦い、ロボット部隊の攻撃の背後にある秘密を暴き、世界中で勃発する新たな脅威と対峙することになる。

 ヒーロー任務では、招集を受けたオーバーウォッチ・チームが世界中に派遣され、ロボット襲撃から都市を守り、タロンのエリートエージェントを倒し、世界を掌握しようとする悪の組織と戦うことになる。プレーヤーはお気に入りのヒーローをレベルアップして、より強力なオプションでカスタマイズできるようになる。

 カスタマイズすればアビリティーが進化し、ラインハルトの「ファイア・ストライク」で周囲の敵を炎上させたり、トレーサーの「パルス・ボム」で高威力の連鎖爆発を引き起こしたりするという。

 本作では、ゲームエンジンが大幅にグレードアップされているのも特徴。協力プレー(PvE)では、より大きなマップが利用可能になるほか、任務で遭遇する敵や勢力の種類も増加している。加えて、ヒーローたちの新たな外観が細部まで詳細に描かれている。

 6対6の対戦プレーでは、前作のヒーロー、マップ、モード、既存の実績やアイテムはすべて引き継がれる。加えて、続編では拡大を続けるヒーローリストに、複数のプレー可能な新ヒーローが追加されるほか、さらなるマップやロケーションも加わり、ゲーム内世界が拡大する。さらに、新たなマップタイプ「プッシュ」が登場。プッシュでは2つのチームが競い合い、モノを押すのが得意なロボットにマップの目標物を相手陣地へと運ばせるルールになるようだ。


作品概要
タイトル:オーバーウォッチ 2
対応機種:Windows PC/Nintendo Switch/PlayStation 4/Xbox One
発売日:後日発表
ジャンル:チームアクション・シューター

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ