このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

myrmecoleonの「グラフで見るニコニコ動画 第2期」 第32回

あんスタ・ダンベル・シンフォギア・まちカドまぞく

歌と筋トレは世界を変える~2019年7月アニメ二次創作状況チェック

2019年10月24日 18時00分更新

文● myrmecoleon 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

夏アニメ3ヵ月間の投稿人気推移

 今回も各作品の投稿数順位からこの3ヵ月の変化をみてみます。

 pixivでは元々人気の高い「あんさんぶるスターズ!」、ニコ動でも「ダンベル何キロ持てる?」が早期にブレイクしてそれぞれトップを独占。ほか「戦姫絶唱シンフォギアXV」も強く、この3作品が全体を通じてニコ動・pixivともに2位争いに参加しています。

 一方で「まちカドまぞく」が圏外からゆるやかに人気を拡大、8月以降は3位争いに加わり、最終週ではニコ動・pixivともに2位でした。

 ニコ動ではほか、前半で「からかい上手の高木さん②」や「女子高生の無駄づかい」、後半で「Re:ステージ! ドリームデイズ♪」が比較的伸びています。pixivでは「からかい上手の高木さん②」と「炎炎ノ消防隊」が期間を通じて高順位でした。

ニコ動における動画投稿数の7日ごと順位の推移(7月アニメ作品別)。pixivの傾向を参考に、男性人気の高い作品は青、女性人気の高い作品は赤、中間的な作品は黄色に塗った

pixivにおけるイラスト投稿数の7日ごと順位の推移(7月アニメ作品別)。pixivの傾向を参考に、男性人気の高い作品は青、女性人気の高い作品は赤、中間的な作品は黄色に塗った

 pixivでの投稿傾向では、男性投稿者が多かったのは「ダンベル何キロ持てる?」「戦姫絶唱シンフォギアXV」「炎炎ノ消防隊」「まちカドまぞく」「手品先輩」、女性投稿者が多かったのは「あんさんぶるスターズ!」「スタミュ」「炎炎ノ消防隊」「戦姫絶唱シンフォギアXV」「ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-」など。紹介した4作品以外では「手品先輩」が男性投稿者中心、「スタミュ」が女性投稿者中心です。「炎炎ノ消防隊」と「ロード・エルメロイII世の事件簿」は比較的男性が多いタイトルですが女性投稿者も多い傾向でした。

 R-18イラストが多かったのは「あんさんぶるスターズ!」「ダンベル何キロ持てる?」「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」「手品先輩」「戦姫絶唱シンフォギアXV」。特に「通常攻撃が~」は約5割、「手品先輩」は約4割がR-18イラストと高比率でした。

 海外投稿者が多かったのは「あんさんぶるスターズ!」「炎炎ノ消防隊」「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」「ダンベル何キロ持てる?」「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII」など。特に「炎炎ノ消防隊」「通常攻撃が~」「ダンジョンに~」は3割以上が海外投稿者です。逆に今回紹介した人気4作品はどちらかというと国内人気の強いタイトルが多かったと言えます。

 国別でみると中国・台湾・韓国では「あんさんぶるスターズ!」、アメリカでは「炎炎ノ消防隊」と「戦姫絶唱シンフォギアXV」、東南アジアでは「通常攻撃が~」と「炎炎ノ消防隊」がよく描かれていました。

 キャラでは「ダンベル何キロ持てる?」の「紗倉ひびき」、「まちカドまぞく」の「吉田優子」、「通常攻撃が~」の「大好真々子」、「からかい上手の高木さん②」の「高木さん」、「戦姫絶唱シンフォギアXV」の「立花響」と、各人気作のメインヒロインがトップ5。男性では上述の「あんさんぶるスターズ!」のキャラが上位を占め、それ以外では「ロード・エルメロイII世の事件簿」の「ロード・エルメロイⅡ世」が上位でした。

 R-18イラストでは「通常攻撃が~」の「大好真々子」がトップ。次いで「紗倉ひびき」「高木さん」、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII」の「ヘスティア」などが上位でした。「大好真々子」は半数以上がR-18イラスト、「紗倉ひびき」「ヘスティア」は3割ほどがR-18です。

 7月アニメでは歌やアイドルという近年のアニメで定番的な作品が今回も強かったものの、その代表的なタイトルだったシンフォギアが完結したこと。また筋トレというニッチなテーマの作品のブレイクが興味深い動きでした。

ソシャゲのビッグタイトルがひしめく10月アニメ

 最後に、現在放送中の10月アニメの2週目を終えた段階での傾向をみてみます。調査時点で未放送のタイトルもあり、暫定的な数字ですので今後を占う程度の意味合いでご覧いただければと思います。

10月アニメについて10月1日以降にニコニコ動画・pixivに投稿された各タイトル関連の作品投稿数。集計時までに削除された作品は除く。対象タイトルは上記。それぞれ作品を示す複数のタグを名寄せした作品数

 FGO・グラブル・アズレン・ドルフロ(ドルフロのみショートアニメ)と二次創作人気も高いソシャゲのビッグタイトルが並ぶのが今期の特徴。元から人気が高いこともあり、pixiv・ニコ動ともこれらが上位を占めています。またヒロアカ・SAO・アイカツと人気タイトルの続編もあり、ビッグタイトルの多い10月アニメとなりました。

 新作では「旗揚!けものみち」「慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~」がニコ動・pixivで好調。またpixivでは「スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH」「BEASTARS」も人気です。

 今回は調査時点ではまだ放送していないタイトルもありますので、まだ様子見程度の結果です。今期はここからどのようになるのでしょうか。注目していきたいと思います。

アニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」より第1話の公式配信動画。
アニメ「アズールレーン」より第1話の公式配信動画。
アニメ「GRANBLUE FANTASY The Animation Season2」より第1話の公式配信動画。
アニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」より第1話の公式配信動画。
アニメ「僕のヒーローアカデミア」より第64話(4期1話)の公式配信動画。
アニメ「旗揚!けものみち」より第1話の公式配信動画。
アニメ「慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~」より第1話の公式配信動画。
アニメ「スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH」より第1話の公式配信動画。

アニメ「BEASTARS」より公式PV。niconicoでの配信は無し。


イベント告知

 ニコニコ動画やVTuberについて調査した同人誌を発行しています。新刊・既刊はCOMIC ZINに委託中。ご興味があればどうぞ。

筆者紹介:myrmecoleon

 趣味で同人誌やニコニコ動画関連の研究をしてる人。コミケ・ニコニコ動画・pixiv・deviantARTなどの調査を行ない、『ニコニコ動画統計データハンドブック2019』など同人誌としてコミケで頒布。2014年に自身の企画で「次元の壁をこえて 初音ミク実体化への情熱 展」を開催。元明治大学米沢嘉博記念図書館スタッフで元ニコニコ学会β実行委員。
 Twitterアカウントは@myrmecoleon

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン