このページの本文へ

UQ mobile秋冬モデル

超広角含む4眼カメラのOPPO製スマホ「A5 2020」がUQが販売!

2019年10月15日 11時00分更新

文● スピーディー末岡 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ミドルレンジながら4眼カメラを搭載する
「OPPO A5 2020」

 UQ mobileは今日15日、OPPOのニューモデル「OPPO A5 2020」を同社のラインナップに加えることを発表した。発売は11月上旬以降を予定している。

ブルー

 OPPO A5 2020は今年9月に東南アジアやインドで発売されたミッドレンジのスマートフォン。ちなみに、2020は「ニーゼロニーゼロ」と読む(海外だとトゥエンティトゥエンティ)。

 ディスプレーは6.5型液晶(720×1600ドット)で、SoCはSnapdragon 665、メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GB、バッテリーは5000mAhで、OSはAndroid 9ベースのColorOS 6.0というスペック。液晶はフルHDではないが、ミドルクラスのスペックながら4眼カメラを採用しているのと大容量バッテリーが特徴のモデル。

 4眼カメラは1200万画素(標準、F1.8)、800万画素(超広角、13mm、F2.25)、200万画素(F2.4)、200万画素(深度計測、F2.4)という構成。深度センサーがあるので、より自然なボケ味を出せるほか、超広角は119度なので、旅先で風景を撮るときやグループでの撮影にも便利に使える。また、インカメラは1600万画素(F2.0)と、海外版の800万画素に対しスペックアップしている。OPPOの得意技であるビューティーモードも搭載で、SNSにセルフィーを投稿する人の強い味方だ。

 本体サイズは約75.6×163.6×9.1mmで、重さは195g。ディスプレーが6.5型でバッテリーが5000mAhのため、かなり大きく重量級のモデルだが、リバースチャージにも対応するので、他のスマホやウェアラブルデバイスなどのモバイルバッテリー代わりにもなるという利便性もある。

 スペックがミドルクラスだからといって、ゲームに向かないわけではない。Snapdragon 660と比べて20%の消費電力削減と、ゲーム向け機能「Game Boost 2.0」によりよりスムーズで応答性の高いゲーム環境を実現するという。

グリーン

 なお、防水(防塵は対応)、おサイフケータイ、ワンセグ・フルセグには対応していない。

 カメラもゲームも、ちょっと欲張りたいけど価格は抑えめにしたいという人向けのスマホだ。

UQ mobile「OPPO A5 2020」の主なスペック
ディスプレー 6.5型液晶(20:9)
画面解像度 720×1600ドット
サイズ 約75.6×163.6×9.1mm
重量 約195g
CPU Snapdragon 665
2.0GHz×4+1.8GHz×4
(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 9(ColorOS 6.0)
VoLTE
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ アウト:約1200万画素
+約800万画素+200万画素
+200万画素
/イン:約1600万画素
バッテリー容量 5000mAh
FeliCa ×
ワンセグ/フルセグ ×/×
防水/防塵 ×/○(IP5X)
連続通話時間 1980分
連続待受時間 450時間
USB端子 Type-C
カラバリ ブルー、グリーン

■関連サイト

カテゴリートップへ

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

ピックアップ