このページの本文へ

【2019冬春スマホ】Xperia、Galaxy、AQUOSの高性能機にミドル機も 第5回

ドコモから大容量バッテリー+デュアルカメラの「AQUOS sense3」が登場

2019年10月11日 12時00分更新

文● 南田ゴウ/ASCII 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

おサイフ対応で4000mAhバッテリーの長時間駆動
ドコモが「AQUOS sense3 SH-02M」をラインアップ

 ドコモは10月11日、冬春モデルとしておサイフケータイ対応かつ4000mAhの大容量バッテリーとデュアルカメラを搭載するミドルレンジスマホ「AQUOS sense3 SH-02M」を発表した。予想価格は税抜3万円前後。

AQUOS sense3 SH-02M(ライトカッパー)

 AQUOS sense3 SH-02Mは、前モデル「AQUOS sense2」から1300mAhアップとなる4000mAhの大容量バッテリーを搭載。さらにリアカメラがシングルから標準+広角のデュアルカメラに進化。メモリーとストレージ容量も3GB/32GBから4GB/64GBへと増加。CPUがSnapdragon 630に向上などのスペックアップを果たしつつ、幅と縦サイズはそれぞれ-1mm小型化した。

 標準+広角というトレンドの組み合わせとなるデュアルカメラは、被写体を認識するAIオートと動画撮影時に自動でダイジェストを生成するAIライブストーリー機能に対応。米国国防総省の調達基準であるMIL-STD-810H準拠の耐衝撃(落下)性能ももつ。

AQUOS sense3 SH-02M(ブラック)

 大きく見やすいアイコンに変化する「かんたんホーム」や、画面輝度やフォントサイズを調整する「はっきりビュー」などシニア層やスマホに不慣れなユーザー向け機能も搭載。もちろん、防水防塵仕様でおサイフケータイにも対応する。

 カラバリはライトカッパー、ブラック、シルバーホワイト、ディープピンクの4色。ミドルレンジスマホの代表格である「AQUOS sense」シリーズの処理性能や機能が底上げされ、価格と搭載機能・性能のバランスが非常によいスマホだ。

AQUOS sense3 SH-02M(シルバーホワイト)

AQUOS sense3 SH-02M(ディープピンク)

ドコモ「AQUOS sense3 SH-02M」の主なスペック
メーカー シャープ
ディスプレー 5.5型液晶(18:9)
画面解像度 1080×2160
サイズ 約70×147×8.9mm
重量 約167g
CPU Snapdragon 630
2.2GHz+1.8GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大512GB)
OS Android 9
最大通信速度(下り/上り) 350Mbps/75Mbps
VoLTE ○(HD+)
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ アウト:約1200万画素(F値2.0)
+約1200万画素(広角、F値2.2)
/イン:約800万画素(F値2.2)
バッテリー容量 4000mAh
FeliCa/NFC ○/○
ワンセグ/フルセグ ×/×
防水/防塵 ○/○
生体認証 ○(指紋、顔)
USB端子 Type-C
Qi
カラバリ ライトカッパー、ブラック
シルバーホワイト、ディープピンク

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

ピックアップ