このページの本文へ

【2019冬春スマホ】Xperia、Galaxy、AQUOSの高性能機にミドル機も第4回

大画面でシンプルで入門用に最適な2万円台のドコモスマホ「Galaxy A20」

2019年10月11日 12時00分更新

文● スピーディー末岡 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

手になじむサイズ感
サムスン電子「Galaxy A20 SC-02M」

 グローバルで発売されていたサムスン電子のミドルレンジモデル「Galaxy A20」が、日本向けに調整されてドコモから「Galaxy A20 SC-02M」としてリリースされる。発売日は11月1日、価格は2万円前後(税抜)。

 大画面で使いやすく、普段使いなら問題ないスペック、かんたんモードにハイブリッドラジオ、そしあんしんサポートの充実と、スマホ初心者向けの端末。

 ディスプレーは5.8型液晶(720×1560ドット)、本体サイズは約71×150×8.1mm、重さは151g。大画面で持ちやすい横幅、そして疲れにくい重さになっている。

 スペックはミドルクラスで、SoCがExynos7884B(1.6GHz+1.35GHz、オクタコア)、メモリー3GB、内蔵ストレージ32GBといった内容。外部ストレージはmicroSDカード512GBに対応するので、写真や動画をたくさん保存できる。バッテリーも3000mAhなので、最大140時間持つという。さらに防水防塵とFeliCaにも対応する。

 なお、カラバリはホワイト、レッド、ブラックの3色が用意される。

 カメラはアウト側が800万画素(F1.9)、イン側500万画素(F2.0)と、非常にシンプルな構成。

 ホーム画面のUIなどを変更し、シンプルな操作にする「かんたんモード」や、 ラジオFM波とインターネットラジオ「radiko(ラジコ)」を切り替えてラジオ番組が楽しめる「ハイブリッドラジオ」を搭載しているので、おもにラジオを聴いている人にはうれしい機能だ。

 あんしんサポートでは、ほかのスマートフォンからmicroSDカードを使って簡単にデータ移行をする機能や、操作方法の検索や端末の診断もできる専用サポートが充実している。

ドコモ「Galaxy A20 SC-02M」の主なスペック
メーカー サムスン電子
ディスプレー 5.8型液晶
画面解像度 720×1550
サイズ 約71×150×8.1mm
重量 約151g
CPU Exynos7884B(1.6GHz+1.35GHz)
オクタコア
内蔵メモリー 3GB
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ microSDXC(最大512GB)
OS Android 9
最大通信速度(下り/上り) 262.5Mbps/50Mbps
VoLTE
カメラ アウト:約800万画素(F値1.9)
/イン:約500万画素(F値2.0)
バッテリー容量 3000mAh
FeliCa/NFC ○/○
ワンセグ/フルセグ ×/×
防水/防塵 ○/○
生体認証 ○(顔)
USB端子 Type-C
Qi ×
カラバリ ホワイト、レッド、ブラック
発売時期 11月1日

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン