このページの本文へ

【2019冬春スマホ】Xperia、Galaxy、AQUOSの高性能機にミドル機も第2回

Sペンと手書きの機能が大幅強化の「Galaxy Note10+」

2019年10月11日 12時00分更新

文● スピーディー末岡 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Sペンと手書き機能が大幅強化!
サムスン電子「Galaxy Note10+ SC-01M」

 ペンの書き心地がよく、メモが手軽に取れることで人気の「Galaxy Note」シリーズから、最新モデル「Galaxy Note10+ SC-01M」がドコモの秋冬モデルとして登場。発売日は10月18日、価格は12万円前後(税抜)を予定している。海外では存在する「Galaxy Note10」の取り扱いはない。

 ディスプレーは画面占有率94%以上の6.8型有機EL(1440×3040ドット)を採用し、アスペクト比は19:9。両サイドが湾曲したエッジスクリーンも継続する。

 スペックはSoCにSnapdragon 855、メモリー12GB、ストレージ256GBを搭載する高性能仕様。外部ストレージはなんと1TBのmicroSDカードに対応。バッテリーも4300mAhと大容量。本体サイズは約77×162×7.9mm、重さは197g。カラバリはオーラホワイトと、オーラブラックの2色展開。

 Galaxy Noteシリーズの魅力であるSペンは、ペンを上下左右、回転などのジェスチャーでスマホの遠隔操作ができる新機能「エアアクション」が加わった。また、手書き文字をテキストデータ化する方法はこれまでもあったが、今回から書いた文字をタップするだけでテキストファイルに変換できるようになり、Wordファイルとして出力できる。

 カメラは4眼レイアウト。アウトカメラは1600万画素(超広角、F2.2)+1200万画素(広角、F1.5/2.4)+1200万画素(望遠、F2.1)+TOFカメラ(深度測位用)。そしてインカメラはシングル1000万画素(広角、F2.2)を搭載する。

 TOFカメラを搭載したことにより、動画に奥行きのあるイラストを追加できるだけでなく、特殊効果を加える「ライブフォーカス撮影」も新たな機能だ。

 会議などでサッと取り出してメモを取ったり、思いついたアイデアを書き込んだり、イラストを描いたりと、ビジネスにもクリエイティブにも活躍するスマホと言える。

ドコモ「Galaxy Note10+ SC-01M」の主なスペック
メーカー サムスン電子
ディスプレー 6.8型有機EL(19:9)
画面解像度 1440×3040ドット
サイズ 約77×162×7.9mm
重量 約197g
CPU Snapdragon 855 2.8GHz+2.4GHz
+1.7GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 12GB
内蔵ストレージ 256GB
外部ストレージ microSDXCカード(最大1TB)
OS Android 9
最大通信速度(下り/上り) 1576Mbps/75Mbps
VoLTE ○(HD+)
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ アウト:1600万画素(超広角、F2.2)
+1200万画素(広角、F1.5/2.4)
+1200万画素(望遠、F2.1)+ TOFカメラ(深度測位用)
/イン:1000万画素(広角、F2.2)
バッテリー容量 4300mAh
FeliCa/NFC ○/○
ワンセグ/フルセグ ×/×
防水/防塵 ○/○
生体認証 ○(指紋、顔)
USB端子 Type-C
Qi
カラバリ オーラホワイト、オーラブラック
発売時期 10月18日

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン