このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

新Surfaceは「今のマイクロソフト」を映す鏡である

2019年10月08日 12時00分更新

文● 西田 宗千佳 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
左が「Surface Duo」、右が「Surface Neo」

 マイクロソフトのような大きな会社には、いくつもの切り口がある。その中で今、「個人向けの顔」としてもっとも大きな事業はなんだろうか? これが15年前なら、誰もが迷わず「Windows」と答えただろう。そして10年前でも、「Microsoft Officeが大きいけど、やっぱりWindows」と答えていたかもしれない。

 しかし現在、マイクロソフトを象徴するコンシューマ・プロダクトは「Surface」と言える。マイクロソフトはクラウドとプロダクティビティツール(Microsoft Office)の会社であるが、それを象徴する存在は、Surfaceというハードウエア群になっている。

 10月2日にマイクロソフトがNYで行った発表は、そうした姿をはっきりと感じさせるものになっていた。

あのマイクロソフトがOSにこだわらなくなった

 一番の話題はやはり、「2つの2画面」。「Surface Neo」と「Surface Duo」の発表だろう。特にSurface Duoの存在は、「マイクロソフト、スマホ市場へ再参入」として新聞などでも報じられている。

 確かに驚きだ。あのマイクロソフトがGoogleと組んで、AndroidをOSに採用したスマホを発売するなんて!

 だが、Surface事業を統括する、米マイクロソフト コーポーレートバイスプレジデントでチーフ・プロダクト・オフィサーのパノス・パネイ氏は、そんな質問に、事もなげにこう答える。

 「Androidを採用した理由は、モバイルというフォームファクター、特に2画面において、ベストな選択肢を顧客に提供できると考えたからだ。ご存じの通り、Androidには数百万ものアプリがあり、たくさんの顧客のニーズもそこにある」

 多くの人が思うよりも、スマートフォンを作るのは難しい。携帯電話ネットワークに接続し、安定的に電話を待ち受けたり、高速な通信を維持したりするには、多数のノウハウが必要だからだ。そうした部分は常に変化しており、一旦携帯電話事業から降りてしまうと、簡単にノウハウが失われる。今後の5Gを考えると、ノウハウはさらに重要だ。現実的な問題として、いまさらWindowsで同じ事をしようとしても、Androidよりもいい出来のものになるとは思えないし、開発工数もバカにならない。

 そしてなにより、アプリの問題がある。Androidの持つ、アプリエコシステムは強力だ。その上でマイクロソフトは、「マイクロソフトのクラウドとMicrosoft Officeを使ってくれるならそれでいい」と判断した。あくまでSurfaceはプロダクティビティツールであり、OSがなにかということはもはや「最優先課題ではない」のだ。

 だから、Surface DuoはAndroidスマホとして開発されたのであり、「プロダクティビティツール」としてSurfaceの名を冠して発表されたのである。

 過去のように、「OSでの支配力を維持する」ことは、今のマイクロソフトにとって最重要事項ではない。

PCの今後を指し示す「3つの形」

 一方、Windowsという存在がマイクロソフトにとって軽いものであるはずがない。「優れたWindows PCを提供」し、新しいプロダクティビティの可能性を示すことは、PCという市場を活性化させ、進化を促す上で重要な施策である。そもそも「Surface」というPCは、そういう役割を担ってきた。

 今回の新製品群の中で、Windows PCとしてのSurfaceは3つのゾーンに分けることができる。

Surface Pro 7。ヒット作「Surface Pro」シリーズの正当後継モデルだ
Surface Laptop 3。左がAMDのRyzenを採用した15インチモデル、右がIntelの第十世代Core iシリーズ採用の13.5インチモデルだ

 ひとつは「完成度」。「Surface Pro 7」や「Surface Laptop 3」がそれにあたる。これまでのモデルから劇的に進化しているわけではないが、今のPCとして高い完成度のものを示すことで、安心して買えることが重要な製品だ。ある意味、Surfaceビジネスの中でも「売り上げ」を期待される役割といっていい。特に今回は、Surface Laptop 3の完成度が高い。元々良い製品だったが、グラフィック性能を求める人向けにAMDのRyzenを採用した15インチシリーズを追加し、ラインナップが広がったのが大きい。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン