このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

やっぱ音声操作はラクすぎ

AI搭載カーナビの実力はいかに。LINEカーナビアプリを触ってみた

2019年10月04日 12時00分更新

文● 飯島範久 編集●アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Clova機能を活かした機能

 このほかにも、まだまだ、Clovaを生かした機能が用意されている。例えば、自宅にClova Deskなどがあり、アプリと連携していれば、「電気を消して」などといった操作が、車中からLINEカーナビを通して行なえる。また、「今日の天気は?」とか「今日の話題を教えて」といったClovaの機能がほとんど使える。

主なLINEカーナビ対応機能
LINE Clova LINEカーナビ
天気
ニュース
童話
カレンダー(スケジュール)
占い
百科事典
IoT連携
ブリーフィング
メモ機能
計算
翻訳 ×
人物検索
歌って
簡単なおしゃべり
アラーム/タイマー ×

 スマートスピーカーのLINE Clovaシリーズで標準で使えて、LINEカーナビで使えない機能は、外国語の翻訳とアラーム/タイマー機能くらい。もちろん、LINE Clovaは、スキルストアから新しいスキルをダウンロードすることによってできることがどんどん増えていくが、カーナビとしては、これだけの機能が使えれば十分だろう。

 たとえば、目的地縁の人物の略歴を車中で調べたり、小さな子供が同乗しているなら、童話を聞かせてあげることもできる。意外と便利そうなのがメモ機能で、あらかじめ調べておいた目的地周辺のお店や名物などを音声で「メモして」とお願いしておくと、目的地に着いた際に「メモを読んで」と言うだけで、メモの内容を読み上げてくれる。

 長い道中、音楽を聴くだけなのにも飽きてきた、ラジオもそれほど面白くない、っといったときでも、これらの機能を使って遊びながら移動できるのもLINEカーナビの大きなメリットのひとつだろう。もちろん、操作は音声なので、ドライバーが仲間はずれになる心配もない。

 こうして、LINEカーナビの基本的な機能を見てきたが、音声によるナビ操作は実に楽だということを実感した。車内での操作はタッチ操作するより遥かに安全であり、簡単に安心して操作できる。

 スマホのアプリという形態をとっているため忘れがちだが、LINEカーナビはカーナビでありながら、ClovaというAIアシスタントとしての側面も併せ持っている。ナビゲーション機能の充実はもちろんのこと、今後、道案内以外にもコンシェルジュとして、様々なドライブサポートが期待できる。LINEカーナビはSDL(スマートデバイスリンク)にも対応しているので、そのうち、LINEカーナビが車の情報を取得して速度の出し過ぎを注意してくれたり、オイルの交換時期を教えてくれるようになるかもしれない。車側のSDL整備が進めば、LINEカーナビを通して、音声だけで車内のエアコン操作だってできるようになるかもしれない。とにかく、その可能性は無限大なのだ。

 ドライビングパートナーとしての第一歩を踏み出したLINEカーナビ。高精細な音声認識技術とAI機能を得たことで、格段に広がったカーナビの可能性のなかで、今後どのような進化を見せてくれるのか、大いに期待したい。

(提供:LINE)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ