このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

日曜プログラマーのための「Clovaスキルつくり隊!」 ― 第6回

21の問題と7つの正解を持つ音を使ったゲーム作り

鳴った音の音階を当てる「絶対音感ゲーム」スキルをつくってみよう

2019年10月03日 11時00分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

音だけでゲームだって作れちゃう

 人気スマートスピーカーLINEの「Clova」シリーズ向けに、大人も子供も楽しめるスキルをつくろう!という日曜プログラマーなお父さんのための連載「Clovaスキルつくり隊!」。今回も、新たなスキルの作成に挑戦していきましょう。

 今回挑戦するのは「絶対音感ゲーム」スキルです。

 絶対音感というのは、ある音を聞いて、そのキーを聞き分ける能力のこと。天賦の才として、例えば街中の車のクラクションであったり、ブザーの鳴る音を聞いても、その音の高さを絶対的に認識する能力を持っている人がいます。こういった人たちは、絶対音感の持ち主です。また絶対音感は、後天的に訓練することで身につけることもできる技術で、ピアノを習った経験がある人であれば、ピアノの音を聞いてこれはドの音、レの音、ミの音といったように結構聞き分けられると思います。

 今回は、そんな絶対音感を試すゲームの作成に挑戦していきましょう。

 ゲームをスタートすると、3オクターブのドレミの音階の中から、1音だけピアノの音が鳴ります。その音がどのキーなのかを当てるゲームになっています。

作品ナンバー06
『絶対音感ゲーム』

絶対音感ゲーム

 今回もスキルのアイコンには、「かわいいフリー素材いらすとや」さんのイラストを使わせていただきました。今回使用したのは、「作曲をしている人のイラスト(男性)」です。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事