第7回 MSIが変える、未来のクリエイターを育てる教育環境

WiZはUnreal Engine4やMayaなどDCCツールを学生が快適に使えるMSIのゲーミングノートPC「GS63」を導入決定

文●藤原達矢(アバンギャルド) 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

質問1:「GS63」の導入前に感じていた課題や導入に至った背景を教えてください

WiZ国際情報工科自動車大学校 教務部 ゲーム分野 学科長 田村裕樹さん

田村:WiZでは、2018年からMSIのゲーミングノートPCを新入生が購入する推奨パソコンとして導入しています。2017年までは、iOS向けソフトの開発ができることや、Boot CampでmacOSとWindowsの両方を学べることからMacBookを導入していました。しかし、特にグラフィックカードの性能が据え置きだったため、Unreal Engine 4やMayaといった最新DCCツールの使用にスペック面で制約が出ていました。

 もちろん予算を上げれば性能を上げることはできますが、購入するのは入学金や授業料なども支払う学生やその親御さんです。特に震災が起きた東北地方の経済状況を考えると、負担は最小限に抑える必要があります。過去にも高性能なグラフィックカードを搭載するゲーミングノートPCの導入は検討していましたが、価格の問題や、2kgを大きく超えるノートPCは学生が通学で毎日持ち歩くには現実的ではなく、なかなかベストなマシンを見つけられずにいました。

質問2:MSIのノートPCを選んだ決め手を教えてください

田村:一番の決め手は、学生が購入するPCとして、価格と性能のバランスがあっていたことです。MSIさんとも検討をして、他社のゲーミングノートPCを検討していた際に感じた課題をひと通りクリアーすることができました。WiZでは入学前に学生と親御さんに推奨するPCの紹介をしていますが、「GS63」も量販店モデルよりスペックや価格の面でお得なので、ほとんどの学生が購入しました。重さも2kgを切っており、ACアダプターもGPUを搭載しているマシンとしては非常にコンパクトだったので、学生の負担も減らせると思いました。

 導入前には、実機を借りてUnreal Engine 4をはじめとした各種ツールを動かしています。負荷が高いツールも問題なく動作したので、学生にも安心して持たせることができると思いました。また、学生は就職活動の際にも購入したゲーミングノートPCをフル活用します。例えば、企業に制作したゲームの説明をする際は、実際に遊んでいる様子を見てもらったほうが伝わりやすいため、プレイ画面を録画して提出しています。以前は学校へ来てハイスペックなデスクトップPCを使っていましたが、「GS63」でも録画できるようになりました。

「GS63」の本体重量は2kgを切る。ACアダプターも他のゲーミングノートPCに比べて軽量で、毎日持ち歩く際も負担が少ない

MSIから提供されたリュックに「GS63」を入れて登校してくる学生も多い

授業では就職後を見据えて、2年生と3年生の合同チームでゲームを作る時間を設けるなど、学年の垣根を越えて学んでいる。取材当日は、上級生が下級生に資格試験の対策講義を行なっていた

質問3:導入後の成果や手応えはいかがでしょう?

田村:導入前に期待していた通り、Unreal Engine 4やMayaを使った授業やゲーム制作を学生が持ち歩く「GS63」で行なえるようになったことは、非常に有意義でした。以前は高度な作業は、学校のデスクトップPCで行なっていたため、自宅での復習やゲーム制作に使用するのは難しい状況でしたが、学習効率も大幅に上がっています。カリキュラムの進捗度合いは導入前の2倍近くになり、学生がオリジナル作品を作るための時間も今まで以上に取れるようになりました。ゲーム分野は、作品の出来栄えが最終目標である就職活動の結果に直結します。学習効率を上げて、ゲームのクオリティアップに費やす時間が増やせることは非常に重要です。

 画面サイズはA4ノートクラスの15.6インチなので、外部モニターがなくても3DCGなどの授業が快適に行なえます。現在は「GS63」を導入して2年目ですが、故障は数件程度で、発生した場合も迅速に対応してくれているので、不満は特にありません。

 重量も軽くなっているので、実際に持ち歩いて使っている学生はうれしいと思います。また、学生にとっては見た目も大事なポイントです。せっかく新しい高価なPCを購入しているので、MSIのロゴや手触りに高級感があったりキーボードが光ったりするといったデザインの面でも、テンションが上がっているようですね。

Unityを使った授業。Unityはもちろん、高負荷なUnreal Engine 4やMayaなどのツールも「GS63」1台ですべて使えるようになり学習効率が⼤幅に上がった

毎日持ち歩く学生にとっては見た目もこだわりたいポイント。高級感のあるデザインや本体の質感も好評だ

学生が開発したゲーム画面

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月