このページの本文へ

業界人の《ことば》から 第362回

VMwareはオープンソースに最もフレンドリーな会社になる

2019年10月02日 09時00分更新

文● 大河原克行、編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デベロッパーへのアクセスを強化

 ラグラムCOOも「Pivotalが加わることで、顧客がモダンアプリケーションを容易に構築できるようになる。構築、運用、管理をKubernetes上で実行できるようになる。そして、VMwareによる買収によって、Cloud Healthが新たな機能を短期間に提供できたように、Pivotalもロードマップの実現を加速させることができる。スピード、スケール、スタビリティー、セキュリティー、セービングという、Pivotalの5Sの設計思想を加速し、Pivotalの強いところを伸ばしていける」と述べ、

 「VMwareにとって、VCFやNSXが事業のコアであったように、Kubernetesも今後は我々のコア事業になる」とする。

 一連の買収によって、VMwareは新たな取り組みを開始することになる。エンタープライズデベロッパーに対する接点の強化だ。

 これまでVMwareが得意としてきたのは、ITオペレーターの領域である。だが、PivotalとBirnamを買収したことで、500万人のデベロッパーにアクセスできるようになる。

 ラグラムCOOは「デベロッパーは、これまでVMwareが影響力を持つことができなかった領域。PivotalとBirnamを軸にして、デベロッパーにアクセスすることができるようになる」とする。

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ