このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

入力操作がより快適になったロジクール「MX Master 3」&「MX Keys」レビュー

2019年09月24日 11時00分更新

文● 石川ひさよし 編集● ジサトラハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロジクールからMXシリーズのマウス「MX Master 3」とキーボード「MS Keys」がリリースされた。ロジクールのMXシリーズは言うまでもなく同社マウスのハイエンドモデルだ。とても高価だがゲーミング向けというわけではなく、機能豊富でデザインも追求、どこまでも快適に操作したいといったユーザーに向け、同社の技術の粋を集めた製品になる。MX Master 3の感触は? MX Keysの特徴は? 多くのユーザーが気になるところだろう。

操作効率がさらに向上した「MX Master 3」

 MX Master 3はMX Master 2Sの後継モデルとなり、デザインの多くを継承している。手元にMX Master 2Sはないため直接比較はできないが、形状はほぼ同じ。ロジクールのエルゴノミクスデザインが受け継がれている。手をおいてみれば傾斜デザインが右手首のひねりを抑えて自然な印象で、裾野部分で親指の収まりもよい。

 モバイル用などフラットなマウスでは右手を少し遠くに置いてみたり、少し浮かしたつまみ持ちになったりとポジションを探すことが多いが、MX Master 3はしっかり手のひらを被せた時のフィット感が心地よい。親指も裾野部分に置けるので、テーブルに触れることがない。

成人男性の手でのフィット感

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン