このページの本文へ

ロジクールより、曲面デザインを備える「ERGO K860 エルゴノミック スプリット キーボード」が登場

2021年07月20日 15時10分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロジクールは7月20日、「ERGO K860 エルゴノミック スプリット キーボード」を発表した。8月19日に発売する。

 エルゴノミック キーボードはブランド初という。湾曲したパームレストが一体となっており、手首をひねることなく左手と右手が自然な姿勢をとりやすくする曲線状にキー配置を採用。パームレストのない従来のロジクール製キーボードと比べると手首の曲げを25%軽減しながら、54%高い手首サポートするという。

 一体型パームレストは形状記憶素材に高反発素材を重ね、表面を耐久性に優れたファブリックでコーティングした3層構造。パームレストの下にあるティルトレッグを用いることで0度/-4度/-7度の3段階で手首を持ち上げられる。ワイヤレス接続でロジクールの「Unifying」およびBluetooth Low Energyに対応。Windows/Mac両対応で最大3台のデバイスで利用できる。

 キー配置は115キー日本語配列、キーピッチ18mm。サイズはおよそ幅456×奥行き233×高さ48mm。単4電池×2本で動作する。同社オンラインストア価格で1万6940円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン