このページの本文へ

業界初のQoSアプリ対応ゲーミング有線LANアダプター

2019年09月03日 15時10分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは9月3日、業界初とうたう「QoS(優先制御機能)アプリ」に対応した、Windowsパソコン向けのUSB 3.0ギガビットゲーミング有線LANアダプター「EDC-G01」を発表。販売開始は9月中旬から。価格は1万2830円(税抜き)/1万3856円(税込み)。

 ゲームに使用するパソコンに本製品を接続し、エレコムオリジナルのアプリ「Dragon for ELECOM」を使うことで、優先通信の設定が可能になる。Ping値を下げることで、ラグ(遅延)が発生しにくくなり、快適なゲーム環境を構築できるという。高速プレイを楽しみたい人におすすめとした。

 WindowsパソコンのUSB Type-Aポートに挿し込み、ウェブダウンロードからDragon for ELECOMのドライバーソフトをインストールするだけで作業は完了する。

 通信速度はアップロード・ダウンロードともに最大約949Mbps(実測値)を実現する。Windowsパソコンのゲームはもちろん、動画共有サービスにプレイ動画をアップロードするにも最適とのこと。

 Windows 10/8.1/7環境に対応。ケーブルの長さは10cmで、アダプター本体に直付け。USBバスパワーで動作するので、ACアダプターなどの電源は不要。サイズは約幅79×奥行き24×高さ14mm(ケーブル部分を除く)。重量は約29g。

■関連サイト

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース