このページの本文へ

ネットワーク設定やフォルダなど、顧客情報に基づいた初期設定を行なって納品

エレコム、NASと初期設定をパッケージングしたキッティングサービスを開始

2019年07月09日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは7月9日、NASと基本設定・オプション取付けをパッケージ化したキッティングサービスを開始した。

 同社のWindowsNAS/LinuxNASと、基本設定や各種オプション製品取付け・設定をパッケージ化したもので、初期導入の時間短縮や作業負荷軽減に貢献するとしている。「基本設定キッティングサービス」は、顧客情報に基づいたネットワーク設定や共有フォルダ・ユーザー情報作成、バックアップ設定など、NASのファイル共有に不可欠な基本設定を行なった状態で納品する。

 WindowsNASでは基本設定キッティングサービスに加え、NAS電源が落ちた場合の外付けHDDへのバックアップ設定が完了した状態で納品される「HDDバックアップキッティングサービス」も利用可能。

 LinuxNASでは、基本設定キッティングサービスとHDDバックアップキッティングサービスに加え、メモリーの増設や10ギガ有線LANボードの取付けサービスなども用意される。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース